麻酔標榜医・高須幹弥のこだわり

高須クリニックで行う多くの施術は、適正で安全な麻酔技術によって支えられています。
当院がいかに麻酔というステップを大切にしているか。麻酔標榜医の高須幹弥医師からお話しさせていただきます。

施術ごとの適正を見極め、さらに一人ひとりに合わせて最適な方法を選択。

術中の痛みを気にするがために、美しくなるチャンスを逃してほしくない。また、麻酔による事故への不安を抱えたまま施術に臨むようなことはしてほしくない。そして、より美しい仕上がりのためにも、麻酔というのはとても重要なものです。

麻酔には、「全身麻酔」「静脈麻酔」「局所麻酔」「クリーム麻酔」など、多くの種類があります。高須クリニックでは、施術メニューの一つひとつに合わせた最適な麻酔方法を選択。さらにはご本人の麻酔が効きやすい・効きにくいなどの体質も考慮し、安心・安全かつ快適な麻酔を行っています。

不安を取り除き、美しい仕上がりを目指して、できる限り痛みを軽く。

まず、痛みを取り除くという視点からお話ししましょう。
「痛い」という感覚は、単に患者様にとって不快なだけでなく、施術部の腫れや傷の治りにも少なからず影響します。痛みを感じると、血管が収縮して出血が多くなるからです。痛みを極力抑えることは、ご本人の快適性とキレイな仕上がり、両方にメリットがあるんですね。

当院では、局所麻酔の前にクリーム麻酔をしておくことが多くあります。これは、局所麻酔をする際の注射器の針を差す痛みまで抑えるため。痛みを取り除くことに、とことんこだわっているのです。

安心・安全を徹底。不安要素のある麻酔は、最初から行わない。

次に、麻酔の事故に関して。どんな麻酔も適正に行えば、覚めないとか、後遺症が残るという心配はありません。ただ、どうしても事故率の高い麻酔方法というのがあります。脊髄に麻酔薬を注射する「硬膜外麻酔」というもので、1000件に1件以上の事故が報告されています。このため当院では硬膜外麻酔そのものを行っていません。

全身麻酔の事故としては、執刀医が麻酔医もかねるケースに起こりがち。手術に夢中になるあまり麻酔の調整が上手くできず、患者様に痛みを感じさせたり、反対に効き過ぎる事態を招くのです。こうしたことがないように、当院では専門の麻酔医が全身麻酔に専念する体勢を整えています。

高度な技術を要する全身麻酔は、専門医が術中つきっきりで管理。

麻酔専門医 大原医師

美容外科の世界では、執刀医が麻酔医をかねるケースが多くみられます。1人の医師が2つの役割を同時進行しなければいけないので、事故につながる率は高くなり、施術時間も長くなって患者様に余計な負担をかけることにもなります。

当院でも、施術前に施せば麻酔の作業が終了するクリーム麻酔や局所麻酔などについては、執刀医または看護師が行います。けれども、全身麻酔は別扱い。術中の微妙な調整を必要とするため、必ず専門の麻酔医がずっとつきそって管理しています。

全身麻酔は点滴によって麻酔薬を入れるのですが、効き具合は年齢や体格、生活習慣などによって異なるもの。心拍数や脈拍などに目配りしながら、痛みを感じず、しかも効き過ぎない絶妙のバランスを保つのです。

執刀医は麻酔に関して専門医に任せられるので、施術に専念できます。これは、執刀医が自分の持てる技術を最大限に発揮できることにつながります。つまり、仕上がりにも大きな差がつくことになるんですね。

麻酔を熟知した麻酔標榜医だからこそ、ここまでキメ細かな配慮ができる。

医師であれば誰でも麻酔をかけられるのですが、実は麻酔というのは特殊な分野。
通常の医師免許とは別に「麻酔標榜医」という資格が設けられています。

例えば美容外科として知られている当院ですが、内科や眼科などの科を掲げて診療することも可能。けれども麻酔科だけは、麻酔標榜医という資格がないと「麻酔科」と標榜することはできない。これは、麻酔というのが命に直接関わる行為だからです。

私はまだ医学生だった時代に、麻酔の重要性を非常に感じました。そこで、医師免許とは別に麻酔標榜医の資格を取得。全身麻酔は専門医の手で、危険な硬膜外麻酔はやらない、局所麻酔の前にはクリーム麻酔を・・・こうした当院のシステムは、麻酔を知り尽くした結果から生まれているのです。

麻酔の種類と特徴

  • 全身麻酔
  • 局所麻酔
  • クリーム麻酔
  • 静脈麻酔

全身麻酔

特徴
  • 点滴によって麻酔薬を体内へ。
    ※人によっては、吸入麻酔(口からマスクによる)を併用する場合も。
  • 完全に眠っている状態になり、術中の痛みを感じることはありません。
  • 高須クリニックでは専門の麻酔医が行い、術中の麻酔の状態を細かく管理します。
麻酔の覚め方
  • 施術終了とほぼ同時に、目が覚めます。
  • 入院の必要がない場合は、術後院内で1~2時間ゆっくりお茶をのみながらリラックス。完全に麻酔を覚ましてから帰宅いただきます。

局所麻酔

特徴
  • 極細の針を使用した注射器によって麻酔薬を注入。
    ※この注射の痛みも軽減するため、事前にクリーム麻酔を施します。
  • 注射した部分の周辺のみ、痛みを感じなくなります。
  • 体への負担が少ないよう、麻酔薬は人間のPHと同じアルカリ性に調整しています。

クリーム麻酔

特徴
  • 化粧品のクリームと同じような感触の麻酔薬。
  • 施術内容と患者様の体質などによって、塗布する範囲や量を調整します。
  • 塗って10~15分程すると、皮膚の感覚が低下。
    局所麻酔や注入施術の注射器の針を差す痛み、レーザー照射時などの痛みを軽減させます。

静脈麻酔

特徴
  • 腕の静脈から、点滴によって注入。
  • 精神安定剤のような効果によって全身が非常にリラックス。術中はうたた寝しているような状態に。
麻酔の覚め方
  • 術後、1~3時間ほどで麻酔から覚めます。この間は、院内でゆっくりお茶をのみながら寛いで、完全に麻酔を覚ましてから帰宅いただきます。

麻酔への不安をなくして、新しいあなたへ。

高須幹弥医師

施術内容と患者様の体質や希望に合わせて、快適な麻酔を。
全身麻酔では、専門医と執刀医の連携を大切に、安心・安全かつ美しい仕上がりを。
高須クリニックの麻酔へのこだわりを、少しでも感じていただけたでしょうか?
麻酔への不安がなくなれば、美しさへの大きな一歩を踏み出せる方も多いと思います。すべては患者様のために。この気持ちを大切に、高須クリニックではこれからも安心・安全な麻酔の体制を保ち続けていきます。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大