プロフィール

名古屋院院長 高須 幹弥 医師

名古屋院院長の高須幹弥です。美肌治療、プチ整形、目、鼻の手術、若返りビューティー手術、豊胸手術、脂肪吸引、エラ、顎、頬骨削りなどオールマイティーに美容外科治療を担当させて頂いております。
先日、私の父親である高須克弥院長の若返りビューティー手術を行いました。20歳は若返った美しくなったと自負しております。
私のモットーとしては、じっくりと時間をかけたカウンセリングをし、患者様に十分納得していただいた上、治療をさせて頂き、治療をした後もその患者様と一生お付き合いさせていただく気持ちでおります。

専門分野
  • 目の手術全般
  • 鼻の手術全般
  • 輪郭の手術全般
  • 若返りビューティーの手術全般
  • バスト・乳頭・乳輪の手術全般
  • 男性器の手術全般
  • 女性器の手術全般
  • 脂肪吸引・痩身・部分痩せ治療全般

担当名古屋院大阪院

  • Dr.高須幹弥の素顔と美容整形の「今」
  • 高須幹弥 私のモットー
高須克弥院長からの推薦の言葉
高須克弥院長
高須幹弥先生は正義感、責任感が強く、美的センスにも溢れ、全国からこの先生に施術してもらいたいと、患者様がいらっしゃいます。おそらく今、日本全国で最もたくさんの手術をこなしている美容外科医でしょう。
また、大学病院に勤務していたときは、麻酔にも従事しており、厚生労働省からは麻酔標榜医として認可されています。そのため、安全で痛みの少ない治療には定評があります。
色々な他のクリニックで治療をしてきた患者様でも一度幹弥先生の治療を受けるともう幹弥先生しかかかりたくないとおっしゃる方が多いです。
Popteenから小悪魔ageha、JELLY、VIVIまで毎月ファッション雑誌を読みあさり、最新の流行を取り入れる努力には目を見張るものがあります。
幹弥先生自身もゴールデンリフト、イタリアンリフト、サーマクール、ウルセラ、ヒアルロン酸やボトックス・ボツリヌストキシン注射など色々な美肌治療や若返りビューティー治療を自分の顔に施術していますので、カウンセリングの際にどれだけ効果があるのか確かめてみてください。

ページトップへ戻る

プロフィール
出身地
愛知県西尾市
血液型
O型
自分の性格
真面目、真っすぐな性格、真摯
休日の過ごし方
子供と遊ぶ、ゴルフの練習、映画館に行ったり家でブルーレイを観る
趣味
ゴルフ、格闘技観戦、ブログ
座右の銘
日々精進
好きな言葉
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
ちょっと自慢できること
柔道三段、手先が器用、絵が上手
尊敬する人
織田信長、ドラッカー
好きな本
マネジメント、資本論、幸福論、学問のすすめ、武士道
好きな映画
ハンニバル、オペラ座の怪人、ダビンチコード、永遠の0、風立ちぬ、渇き
好きな女性のタイプ
性格が良くて、小顔で目が大きくて肌がキレイで太ってなくて可愛い系の人
好きなタレント
渡辺麻友、高柳明音、広瀬すず、有村架純、能年玲奈、益若つばさ
好きな食べ物
玄米、大豆、青魚、はちみつ、身体にいいもの、しゃぶしゃぶ、寿司、焼き肉、チョコレート、みたらし団子、たい焼き、大判焼き、プロテイン
嫌いな食べ物
生卵、生クリーム(アレルギーでます)、アルコール(全く飲めません)

ページトップへ戻る

ドクターが語る

美容外科医になろうと思ったきっかけを教えてください

ちょっとした自慢なんですが、子供のころから手先が器用で絵が上手だったので、学校の図工や美術はいつも「5」や満点でした。
また、学生の頃から、自分が仕事をするなら人の役にたって社会に貢献できることをしたいと思っていました。
どんな仕事に就くのが、自分の能力を活かせて人の役に立てるのかと悩んでいたところ、たまたま自分の父親が美容外科を開業していたので、跡を継いで美容外科医になりました。

どのようなお悩みをもつ患者様が多いですか?

10~30代の若い患者様に関しては、男女共に二重まぶたのご相談が1番多いですね。
10年くらい前までは、美容整形における二重まぶたの手術というのは、患者様は二重の幅や形に関してあまり細かいご要望はされず、患者様の目の形や顔全体のバランスを考えて、その人にとって一番自然で似合う二重を美容外科医のセンスで作るというのが主流だったのですが、最近の患者様は二重の幅や形に対して非常に細かいこだわりを持っていらっしゃるため、手術をする我々からすると、二重まぶたの手術というのは年々難易度が上がっているように感じます。
私自身、患者様の持っている素材を生かして、いかにご要望にそった結果を出すことができるかという事を考えながらいつも手術させていただいております。
また、20代後半から90代の患者様に関しては、アンチエイジング美年齢若返りビューティーの相談が多いです。 昔は若返りビューティーの治療というと、フェイスリフトなどの切る治療が主流だったのですが、最近はヒアルロン酸やボトックス・ボツリヌストキシンなどの注射によるもの、ウルセラやサーマクールなどの照射系治療、イタリアンリフトやゴールデンリフトなどの糸によるリフトアップ治療など切らない治療が主流になってきています。
特に最近は、「切らずに腫れずに、周囲の人に気付かれないように若返りビューティーたいけど、それなりに若返ってすっきりして、効果が長続きする治療がしたい」という方が多いので、そのような方には、長期持続型ヒアルロン酸、ウルセラ、イタリアンリフト、ゴールデンリフトなどをお勧めしております。

仕事に対して先生が『大切にしている』ことは何ですか?

やはり、それぞれの患者様のニーズに合わせて、細かくご要望にお応えすることですね。
例えば、鼻の手術一つとっても、「正面から見て鼻の穴が目立たないようにしたい」とか、「眉間から鼻先までしっかりと鼻筋を通したい」とか、「友人や家族などに整形したことが気付かれないように少しだけ変わりたい」などのように、患者様によってご要望は千差万別です。
カウンセリングの時点で、患者様が具体的にどうなりたいのか、ダウンタイムはどれだけとれるのか、予算はいくら以内でしたいのかなどをじっくりと話し合い、最終的に一番満足していただけるように努力しております。

印象に残っている患者様、あるいはエピソードを教えてください。

美容外科の仕事をしていると、治療をして患者様に喜んでいただいて、医者冥利に尽きることがよくあります。
若い女性の患者様で多いのは、ずっと長年のコンプレックスだった目や鼻の手術をしてきれいになって、大変喜んでいただいたときですね。
患者様に「悩みが解消されて前向きになれました」「性格まで明るくなりました」「彼氏ができました」などと言っていただくと、私まで嬉しくなり、この仕事をしていて本当に良かったと実感します。
年配の患者様では、ヒアルロン酸やゴールデンリフトなどの治療を行い、親戚や友人に、「○○さんは昔と変わらず若く美しくて美人ねー」と言われるのが嬉しくて堪らないという方が多いです。
これからも皆さんに喜んでいただけるよう頑張っていきたいと思います。

これから先、「美容整形」はどうなっていくと思いますか?

日本人にとっての美容整形というのは、ここ10年くらいでかなりオープンなものになってきました。
それはやはり、切らない治療であるヒアルロン酸注射や二重まぶた埋没法などのプチ整形や、ウルセラや糸のリフトアップなどの台頭によると思います。
最近は高校生の女の子がお母さんと一緒に普通に美容院やエステに行くのと同じような感覚でプチ整形などをやりにいらっしゃいます。
これからも医療の技術の進歩によって、より腫れなく痛くなく確実な効果のでる治療が開発されていくことが予想されるので、美容整形はさらにオープンなものになっていくと思います。
私達も常に海外の学会に参加して最新技術を取り入れたり、医療技術の研究するなどして勉強し、高須クリニックに来院される患者様に最高の治療をさせていただけるように努力しております。

ページトップへ戻る

これから美容整形を受けようとしている患者様へメッセージ

まだ美容整形を受けたことのない方達は、美容整形に対して、怖い、痛い、腫れるというイメージを持っていらっしゃるかもしれません。
しかし、歴史のある美容外科クリニックで、技術レベルのの高い医師が正しい治療を行えば、美容整形は決して怖いものではありません。
それに、医療技術の進歩によって、最新の美容整形は痛みや腫れがほとんどない治療が増えてきております。
高須クリニックでは、患者様との信頼関係を重視し、丁寧なカウンセリングを行い、最終的に患者様に最も喜んでいただける適切な治療を行わせていただきますので、御安心くださいね。

ページトップへ戻る

ブログなどで良く聞かれることについて
差し入れやプレゼントをすると、特別扱いしてくれて、丁寧な対応をしてもらえるのか?

私のブログのコメント欄に、「先生はいつも患者さんから差し入れをもらっていますが、先生の手術を受けるときは必ず差し入れを持って行かないといけないのですか?」「他の患者さんは、いつも差し入れやプレゼントをするので、私は何を持って行けば良いのか、凄いプレッシャーです。」「差し入れやプレゼントを持って行くと、特別扱いしてくれて、手術を丁寧にしてくれるのですか?」「差し入れやプレゼントをする人としない人では手術の仕上がりに差はありますか?」「先生に差し入れやプレゼントを持って行かないと、手術に手を抜かれることはありますか?」のような御質問をいただきます。
私の答えは、「差し入れやプレゼントをいただくのは、とても嬉しいです。とても感謝しております。しかし、差し入れやプレゼントをくださる患者様とそうでない患者様で、手術の仕上がりに差でることは絶対にありません。」です。
まず、ほとんどの患者様が私に差し入れやプレゼントをくださると思っている方がいらっしゃいますが、そんなことはございません。私の患者様で、差し入れやプレゼントをくださる方は、大体5~10%くらいの方です(大変感謝しております)。実際には90%以上の患者様が差し入れやプレゼントを持ってこられない方なのですが、私が毎日頂いたものをブログにアップしているので、一部の方が、「ほとんどの人が差し入れやプレゼントをしている」「必ず差し入れやプレゼントを持っていかないといけない」と勘違いされているのでしょう。
差し入れやプレゼントをくださる患者様は、「純粋に私やスタッフに喜んでほしい」という方や、「ブログに写真をアップしてくれるのが楽しみだから」という方がほとんどです。私も差し入れやプレゼントをくださった患者様への感謝の印に、必ずブログに写真をアップするようにしています。
私は差し入れやプレゼントをくださった患者様にも、そうでない患者様にも、全身全霊で心を込めて丁寧に手術させていただきます。なので、無理に気を使ってくださらなくて大丈夫ですので、ご安心くださいね。

私の得意な手術、専門分野は?

私の得意分野は、
二重まぶた埋没法、目頭切開、下まぶた脂肪取り、ブローリフト、涙袋ヒアルロン酸注射、鼻シリコンプロテーゼ、鼻尖形成(鼻尖縮小)、斜鼻修正(曲がっている鼻を真っ直ぐにする)、バッカルファット除去、顔の脂肪注入、口角挙げるボトックス注射、傷跡修正手術、シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術、乳房縮小手術(マンマリダクション)、イタリアンメソシェイプ、植毛手術、ウルセラ、イタリアンリフト、ポニーテールリフト、フルフェイスリフト、包茎手術、クリトリス包茎手術、二重まぶたミニ切開法、目尻切開、上まぶたたるみ取り、窪み目ヒアルロン酸注射、タレ目ボトックス注射、眉間シリコンプロテーゼ、ハンプ切除(ワシ鼻の修正)、顎ヒアルロン酸注射、おとがい骨切り手術、立ち耳手術、ガミースマイル手術、口唇裂手術、乳頭縮小手術、副乳手術、リポレーザー、他院の修正手術(目、鼻、口、輪郭、バスト、痩身など)、シワのヒアルロン酸注射、イタリアンリフトファイン、コメカミリフト、額リフト、パイプカット、処女膜再生手術、二重まぶた全切開法、タレ目形成、下まぶたたるみ取り、逆さまつ毛修正手術、目の下クマ治療、耳介軟骨移植、鼻骨切り幅寄せ手術、顎シリコンプロテーゼ、エラ削り、唇薄くする手術、ガミースマイルボトックス、マンマリーヒアル(ヒアルロン酸豊胸)、陥没乳頭手術、女性化乳房手術、肩ボトックス注射、サーマクール、シワのボトックス注射、ゴールデンリフト、ミニリフト、額ヒアルロン酸注射、亀頭増大ヒアルロン酸注射、入れ墨除去手術、眼瞼下垂手術、上まぶた脂肪取り、上眼瞼リフト、蒙古襞形成、鼻ヒアルロン酸注射、小鼻縮小(鼻翼縮小)、鼻中隔延長、エラボトックス注射、頬骨削り、唇ヒアルロン酸注射、メソシェイプフェイス、バスト脂肪注入、バスト吊り上げ手術、脂肪吸引、ふくらはぎボトックス注射、サーマクールアイ、ヒアルロニダーゼ、ウルトラVリフト、ミディアムリフト、額骨セメント、小陰唇縮小手術、ヘソ形成手術、など」です。
私は、医学部卒業後、2年間研修医を行い、大学病院で、内科、外科、心臓外科、胸部外科、整形外科、脳外科、小児外科、救急科など、様々な科を研修し、全身を診ることができ、様々な病気を診ることができる医者の地盤を作りました。
そこからは、一流の美容外科医になるために、まず、大学病院の麻酔科に所属し、全身麻酔、静脈麻酔、硬膜外麻酔、腰椎麻酔(脊椎麻酔)、局所麻酔などの無痛技術、無痛麻酔を習得し、全身管理技術も学び、厚労省が認める麻酔科標榜医の資格を取得しました。
その後は、美容外科の基盤である形成外科を学ぶため、大学病院の形成外科に6年間所属し、傷跡を綺麗に治すための縫合技術、口唇裂などの先天奇形を治す手術、顔面外傷の治療、あざのレーザー治療、乳癌手術後の乳房再建手術など、特に美容外科に関連する形成外科を中心に学び、日本形成外科学会専門医の資格を取得しました。

形成外科を学んでいる間は、大学院にも所属し、単一植毛手術の研究を行い、医学博士を取得しました。形成外科専門医、医学博士を取得した後は、大学病院を退職し、本格的に高須クリニックで働くようになり、美容外科一本で働き、今に至っています。

私の医者の人生は、一流の美容外科医になるための人生そのものです。一流の美容外科医になるためだけに、強い信念を持って、今まで修行してきました。他のクリニックの医師の経歴をみると、最初は眼科、内科、外科、脳外科、心臓外科などをやっていて、途中から突然美容外科に転科した者や、研修医2年間の後、すぐに美容外科を始める者、酷い場合は研修医すら経験せず美容外科を始める者がいます。

私に関しては、最初から一流の美容外科医になるためだけに、修行をしてきたため、全ての美容外科手術を行うことができ、全ての手術、治療が専門分野です。ただし、シミ、毛穴の開き、ニキビ、ニキビ跡、赤ら顔、乳輪のトレチノイン治療、アートメイク除去レーザーなどの美容皮膚科部門に関しては、私よりも、服部先生や清水先生などの皮膚科を専門に行っている先生達のほうが得意です。

ページトップへ戻る

経歴
平成11年
  • 藤田保健衛生大学医学部卒業
平成11年~平成13年
  • 藤田保健衛生大学麻酔救急科に勤務
  • 麻酔科標榜医取得
平成13年
  • 藤田保健衛生大学大学院入学。形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  • 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  • Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  • 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  • 日本形成外科学会専門医取得
  • 高須クリニック名古屋院院長

ページトップへ戻る

資格
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本美容外科学会専門医(JSAS)
  • 日本美容外科学会正会員(JSAPS)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大