ドクター紹介:日下志厳 医師

ドクター・スタッフのご紹介

プロフィール

日下志厳医師
大阪院東京院
はじめまして日下志 厳です。これで「ヒガシ ツヨシ」と読みます。
変わった名前でしょう、もう覚えていただけましたね。美容外科で病気は治せません。本来、美しさと健康は別物です。
しかし若く美しく美しい人は、なぜか健康でハツラツとしているように見えませんか?
それは潜在意識の力です。「私は若く美しく見える」「私は美しい」という自信が強力なアファメーションとなり潜在意識に働きかけるためです。潜在意識は確固たる拠り所をひとつでも築くと飛躍的に強くなっていきます。人間的に成長し、他人からも愛されるようになります。心が健康になると身体も健康になります。美容外科は人生を変える治療です。
ちょっと大げさでしたね、あなたに人生を変えるきっかけとなるほんの少しの自信をもってもらいたい。確かな知識と技術でお手伝いします。
Dr.日下志厳の素顔と美容整形の「今」
■専門分野
目の手術全般  鼻の手術全般  輪郭の手術全般  若返りビューティーの手術全般  バスト・乳頭・乳輪の手術全般  男性器の手術全般  女性器の手術全般  わきが・多汗症治療全般  脂肪吸引・痩身・部分痩せ治療全般  植毛手術  美容皮膚科全般

高須克弥院長からの推薦の言葉

高須克弥院長日下志先生は誰にでも優しくて親切な先生です。初診の患者様でも笑顔で優しく丁寧に説明してくれますので、緊張しやすい方でも安心してカウンセリングを受けていただけます。また、手術も時間をかけて丁寧にしてくれますので、仕上がりがいつも自然な上に腫れや痛みが少なくて大変人気が高い先生です。
二重手術などの目の手術、鼻、輪郭、若返りビューティー治療など色々な手術を器用に丁寧に時間をかけてしてくれますので安心です。
関東地区では丁寧で有名な先生なので指名でいらっしゃる患者様が多く、いつも予約でいっぱいです。
また、脂肪吸引やミケランジェロなどボディーの手術も天下一品の腕前ですので相談してみてください。

▲ページトップへ

プロフィール

■出身地
大阪府
■血液型
O型
■自分の性格
基本的には温厚だが、結構がんこおやじ
■休日の過ごし方
自動車の整備や修理、日曜大工
■趣味
アウトドアレジャー
■座右の銘
人に誠実であれ
■好きな言葉
将来を嘱望して現状の発展を怠ることなかれ
■ちょっと自慢できること
外洋クルーザーの免許持ってます(免許だけですが・・・)。宅建取引主任者の資格も持ってます。これはきちんと東京都に登録しています。
■尊敬する人
やはりこの業界のパイオニア・高須克弥院長ですね。
■好きな本
風立ちぬ(堀辰雄)
■好きな映画
ニューシネマパラダイス
■好きな女性のタイプ
明るく行動力のある女性
■好きなタレント
眞鍋かをり、加藤ローサ
■好きな食べ物
沖縄そば

▲ページトップへ

ドクターが語る

美容外科医になろうと思ったきっかけを教えてください
物心ついた頃からドライバーやペンチを持っていろんな物を分解したり組み立てたりばかりしていました。将来はホンダに入社してF1マシンを造りたいと思っていました。そして工学部へ進学・・・ここまでは予定どおりでした。しかしちょっとしたきっかけで工学部を中退し医学部に入学しました。医学部にはいってから気づいたのですが病気を治療するのは自分の性格にはあわないのです。やはりF1マシンの造形美を、高性能ハイテクマシンを、この手でつくりあげたい・・・それに相通じる医学の分野はないかな・・・そうだ!あった!!それは美容外科です。うーんまさに天職ですね。手先の器用さには絶対的な自信があります。

どのようなお悩みをもつ患者様が多いですか?
僕の患者様はなぜか目元のご相談がとても多いですね。その次は鼻ですね。他院での手術後の修正希望など高い技術高須の技術力が必要とされる相談が多いです。目や鼻だけでなくアンチエイジング美年齢治療やボディの治療も得意なんですよ〜。先天的な形態異常の治療も得意です。なんでもご相談下さい。あっ、ちょっとご家庭のお悩み相談までは、ご対応できないかも知れません(笑)。

仕事に対して先生が『大切にしている』ことは何ですか?
一期一会ですね。例えば二重まぶたの手術の患者様は毎日本当にたくさんご来院されます。美容外科医にとっては「いつものこと」かも知れませんが、患者様にとっては「一世一代のこと」であるということを決して忘れません。
単純な短時間の治療から、長時間の複雑な手術まで、最後の1針まで全力で治療を行っています。そのため他の患者様をお待たせしてご迷惑をおかけすることも多く、本当に申し訳ございません。しかしたったひとつの僕のこだわりです。かっこ良く言うなら、「これだけは譲れないプロとしてのプライド」です。お許し下さい。
印象に残っている患者様、あるいはエピソードを教えてください。
特別ドラマティックなエピソードというものはありませんが、患者様からお礼のお手紙を頂いたりするととってもうれしいです。
これから先、「美容整形」はどうなっていくと思いますか?
美容外科は最近とてもオープンなものとなってきていますが、もっともっとオープンになればいいですね。ちょうど高級ブティックにおしゃれな洋服を買いに行くように・・・洋服を着替えるように、その日の気分によって自分の顔も作り変える・・・まだまだそこまで医学は進んでいませんがいつかきっとそんな日が来ます。

▲ページトップへ

これから美容整形を受けようとしている患者様へメッセージ

インターネットには美容外科の情報があふれています。どういった手術法は優れていて、どういった方法が問題がある、といったインターネット上の書き込みは結構まちがっています。そんなものを見てあれこれ悩むより勇気を出して僕のところに相談にいらして下さい。

▲ページトップへ

経歴

平成4年 京都府立医科大学医学部卒業
平成11年 近畿大学大学院医学研究科卒業 医学博士
平成11年〜平成13年 近畿大学附属病院形成外科講師
平成13年〜平成19年 美容外科クリニック院長を歴任
平成20年 (東京)高須クリニック勤務
平成21年〜 (横浜)高須クリニック勤務

資格