副乳

余計な乳頭を除去して
すっきり美しい胸もとに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

高須のこだわり

術中も術後も快適に

レーザー治療の場合はクリームによる麻酔、切除縫縮手術の場合はクリームと極細の針による注射で局所麻酔をしてから行うので、術中の痛みは少なくて済みます。術後の腫れや痛みもわずかで、手術当日から普段と変わらない生活が送れます。

手術後は、痛み止めの内服薬や座薬を処方しています。

▼処方する痛み止めの種類とよくある質問
美容整形手術後の自宅疼痛管理

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

ただ取るだけでなく、美しい仕上がりを

レーザー治療では、皮膚へのダメージを最小限に抑え、傷跡をできるだけ小さくします。このため、3〜6ヶ月後にはほとんど目立たないほどに。また、切除縫縮手術の場合も極細の糸で丁寧に縫い合わせるので、仕上がりはとても自然です。