豊胸手術(プロテーゼ挿入)

手術を受けたことを忘れてしまうほど
自然にボリュームアップ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

授乳後の萎んで垂れたバストに乳腺下100ccのシリコンプロテーゼで豊胸手術した症例写真

ビフォー・アフター

Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

50代女性の患者様で、妊娠・出産・授乳と老化によって、萎んで垂れてしまったバストに張りがほしいという御要望で来院されました。
元々バストは大きいほうではなかったらしいのですが、バストの上のほうのボリュームがなく、乳輪周りにシワができるのが気になり、「それほど大きくしたいわけではないが、綺麗で形の良いバストにしたい」とのことでした。
患者様は脂肪注入も検討されていましたが、痩せていて、バストを大きくするための十分な脂肪吸引をすることができないため、シリコンプロテーゼによる豊胸手術をすることになりました。
手術は、乳腺下に100ccのラウンド型コヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼのマイクロテクスチャードタイプを入れました。
術後は、バストの上のほうのボリュームがでて、乳輪周りのシワが消え、張りのある綺麗な形のバストになり、バストサイズは1cup強大きくなりました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る