乳房縮小手術(マンマリダクション)

大きすぎるバストを小さくしたい
軽やかなバストで肩こりから解消

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

乳房縮小手術(マンマリダクション) 2週間空けて片胸ずつ手術

ビフォー・アフター

Before After2週間空けて片胸ずつ手術
Before After2週間空けて片胸ずつ手術
Before After2週間空けて片胸ずつ手術
高須幹弥医師からのコメント

50代女性の患者様で大きいバストを小さくしたいという御要望で来院されました。
診察させていただいたところ、大きさはIカップあり、大きすぎて重いため、非常に肩が凝るということでした。
また、バストが非常に垂れているため、バストの下の皮膚が被れるのも悩みでした。
乳房縮小手術(マンマリダクション)でバストのボリュームを小さくし、形を綺麗に整えることになりました。
かなりのサイズダウンが必要であり、侵襲が大きくなるので、2週間空けて、片方ずつ日帰りの全身麻酔手術で行うことになりました。
手術は、片側につき、約500g脂肪吸引を行い、余分な皮膚を切除して、縫合しました。
術後は、IカップだったバストサイズがDカップになり、軽くなって、肩凝りが楽になったとのことでした。
また、大きく垂れていたバストが上がり、形が綺麗に整ったため、バストの下の皮膚が被れる症状が改善しました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
2週間間隔で片方ずつ乳房縮小手術(マンマリダクション)することになりました。

右側手術直後

高須幹弥医師からのコメント

右側手術直後です。
1週間後と2週間後に分けて抜糸します。

右側手術後2週間

高須幹弥医師からのコメント

右側手術後2週間です。
全抜糸しました。
左側も手術することになしました。

左側手術直後

高須幹弥医師からのコメント

左側手術直後です。

左側手術後2週間

高須幹弥医師からのコメント

左側手術後2週間です。
全抜糸しました。

左側手術後6ヶ月

高須幹弥医師からのコメント

左側手術後6ヶ月です。
まだ少し傷の赤みがありますが、年月と共に目立たなくなっていきます。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る