アンチエイジング美年齢点滴

高品質・高濃度の成分をダイレクトに
全身の若さ美しさを維持する

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
最近しみができてしまいました。しみを取る場合はどのような治療になるのでしょうか?
A
高須英津子医師

しみの治療には、大きさや濃さなどの状態、また患者様のご希望などにより、様々な選択肢があります。例えば薬剤を塗布するケミカルピーリング、光や高周波治療のIPL、フォトRF。これらには、しみを改善しながら美肌効果もあります。他にもスキンケア感覚でケアできる塗り薬のトレチノイン治療もあります。また輪郭のはっきりしたしみであればしみとりレーザー治療で改善可能です。

Q
年齢のせいか、最近目の下のしわと顔全体のたるみが気になります。シワ・たるみを取り除きたいのですが。
A
高須敬子医師

現在、様々な治療法があります。
しわにはヒアルロン酸などの注射、たるみはたるんだ皮膚を切り取るリフトアップの外科的手術。イタリアンリフトや金の糸(ゴールデンリフト)等、メスを使用せず、糸を埋め込む施術。目の下のしわ・たるみ・クマには、ポラリスレーザーが効果的です。(もちろん、他の部位にも集中的に改善可能です。)頬、顔全体のたるみにはサーマクールCPT等、診察で最も適した施術を医師がお勧め致します。

Q
頬やアゴの下のたるみを解消したいのですが、どの様な方法がありますか?
A
日下志厳医師

現在、様々な治療法があります。
地球に重力がある限り、「たるみ」は老化現象として避けられないものですね。お顔のたるみには、皮膚を引き上げるフルフェイスリフトの手術やメスを使わず糸をお顔に挿入して引き上げるイタリアンリフトもオススメです。また高周波の熱によって皮膚を引き締める最新治療のサーマクールCPTは、お顔にメスも注射も一切使いません。施術後に腫れも出ませんので、日常生活に全く支障がありません。たるみがひどくなる前の予防策として受けられますと、将来のたるみを強力に予防します。

Q
どれくらいのペースで行えば効果的ですか?
A
高須英津子医師

個人差があり、月1回ペースの方や2週間隔で行う方など様々です。
必ず定期的にということではありません。お体の状態に合わせご自身のペースで施術頂ければよろしいです。

Q
実感として、どのような効果が感じられますか?
A
高須幹弥医師

効果の出方や感じ方には個人差がありますが、点滴直後から気分がすっきりしたり疲れがとれたなどの実感を持つ方が多くいらっしゃいます。また翌日以降は、全身の肌のハリ感やなめらかさを感じるという方も多いようです。そして2週間毎や月1回などの定期的に受けている方では、回数を重ねるほどに肌の調子が良くなったり、疲れにくくなったなどのご意見をいただいております。

Q
組み合わせるとよい施術を教えてください。
A
高須敬子医師

しみやたるみ、しわなどを改善する様々な施術と組み合わせていただくと、内外両方からのアプローチとなり、とても効果的です。その方の悩みに合わせてより良い組み合わせ施術は異なりますが、ウルセラやサーマクールCPT、ポラリス、IPLフォトフェイシャルなどの照射系美肌施術と併用される方が多くなっています。カウンセリングで最適なお勧め施術をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

Q
アンチエイジング美年齢点滴にはキレーション作用があるそうですが、キレーションとは何ですか?
A
奥田裕章医師

金属と結合する作用のあるキレート剤を経口または点滴によって体内に投与し、体に蓄積された有害金属を排除することを目的とした治療で、細胞の老化防止や動脈硬化の予防などに有効とされています。ちなみにキレーション(chelation)の語源はギリシャ語で「かにのはさみ」を意味するcheleで、キレート剤が金属を挟み込むように結合することから名付けられました。

Q
献血をしたいのでプラセンタを抜いてもらうことはできますか?
A
高須英津子医師

はい、ご対応させていただきます。カウンセリング時に、その旨を医師にお伝えください。献血をしたいという理由でプラセンタの配合された点滴を諦める方が多いのですが、点滴はダイレクトに美容成分を全身に送り込めるので、とてもお勧めの施術です。尚、プラセンタを抜いても十分な効果が発揮できるよう調節させていただきますが、本来のアンチエイジング美年齢点滴とは多少異なることをご了承ください。

Q
高濃度の成分を多種類一度に点滴して、体への負担はありませんか?
A
清水弘己医師

配合されております成分は、プラセンタやビタミン類、ミネラル類など、元々体内にあるものが中心です。そして、体に問題が出ないよう抗アレルギー剤や抗炎症剤などもブレンドしております。また、効果的でありながら体に負担をかけない濃度や組み合わせなども熟慮されております。まず心配なさらなくてもいいかと思います。