ケミカルピール

日本人の肌質に合わせたマイルド処方で
ニキビやくすみ、ザラつきをケア

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
より効果を高めるための施術などはありますか?
A
高須英津子医師

ケミカルピーリング後にイオン導入をしていただくと、さらに肌を改善していく効果が高くなります。にきびやにきび跡のほか、しみ、くすみなどを気にされている方に、イオン導入(VC・トランサミン)を一緒にお勧めしております。ケミカルピーリングもイオン導入もエステ感覚で気軽に受けられる施術ですので、もしよければ一度セットでお試しください。

Q
あごにできたにきび痕がなかなか消えません。ケミカルピーリングをしたいのですが、どれくらいの期間がかかりますか?
A
高須英津子医師

ケミカルピーリングも効果的ですが他にももっと適した治療があるかもしれません。
にきび治療はお時間のかかるものもありますが色々な治療の選択肢がありますので必ずきれいになります。ケミカルピーリング、トレチノイン治療等その方の状態に合わせて、レーザーと併用したり、内服薬も出ます。原因不明のものは血液検査をして頂き原因を究明し、それに見合った根治を目的としました治療をお勧めしてゆきますのでご安心ください。ドクターと一緒に必ず改善に向けての治療をなさっていってください。できれば美容皮膚専門のドクターの診療日にお越しください。

Q
ケミカルピーリングは炎症のある赤にきび、にきびが化膿している場合でも効果はありますか?
A
高須英津子医師

グリコール酸とフルーツ酸で余分な角質や、毛穴に詰まった老廃物を溶かすケミカルピールは、炎症を起こしたにきび、にきび跡、肌のざらつきにも最適な治療です。
皮膚が健康になりますので、乾燥の改善にもつながります。(ただ状態によっては他の方法でお薦めする場合があります)1週間に1回大体6〜8回は必要です(個人差あり)日常生活に差し支えなく治療ができますので当日から洗顔、メイクも可能です。(2〜3日赤みが出る方もおられますが、すぐに引きますのでご心配はありません)

Q
顔のにきびの跡を綺麗にしたいのですがどのような方法で治せますか?
A
高須英津子医師

にきび跡はいわば肌の傷跡ですので、決まった方法はなく、ご状態に合わせて、治療にはケミカルピーリングやポラリス、フラクセルレーザーなどの様々な治療法があります。
診察の上、その方にあった方法を診断し、お勧めしております。治療期間は短いものも、長いものもあります。今より必ずきれいになりますので、ぜひご相談にお越しくださいませ。

Q
かなり多めのにきび跡が気になります。深い跡もいくつかあります。どのような治療がありますか?
A
高須英津子医師

にきびの凹凸には、その状態に合わせて様々な治療方法があります。塗り薬で2〜3ヶ月かけて治していくトレチノイン治療、レーザーや光治療の方法があります。当院は最新の肌治療機器を数多く揃えており、最新技術を駆使しておりますが、凹凸の深い場合は完治は難しい場合があります。カウンセリングでは、医師が詳しく診察し、患者様にあった治療方法をご提案させて頂きます。

Q
肌が弱いのですが大丈夫ですか?
A
日下志厳医師

ひと口に肌が弱いといっても、どんな時にどのように弱いのかで違ってきます。また、ご自身が弱いと感じられていても、医学的には弱いといえないという場合もあります。ケミカルピールは炎症を起こしたにきびの改善に使われる安全性の高い治療といえます。この薬剤の治療に耐えられないほど肌が弱いか否かは、カウンセリングや診察で医師が判断させていただきます。