ゴルゴ線解消

選べる様々な方法で
老け顔の大きな原因にサヨナラ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

50代女性に行ったミディアムリフト症例写真

ビフォー・アフター

Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

50代女性の患者様で、頬のたるみや法令線が気になり、全体的な若返り目的で来院されました。
切ることには抵抗はなく、1週間以上顔が腫れても大丈夫ということだったので、ミディアムリフトをすることになりました。
髪の毛の中から耳の前にかけて皮膚を切開し、リテイニングリガメントを外した後、SMASの処理をし、余分な皮膚を切除して、丁寧に皮膚を縫合しました。
強い腫れは1週間程度で引きます。
1週間後に全て抜糸しました。
術後はフェイスラインがすっきりし、法令線が浅くなりました。
また、頬のたるみが上がったことにより、顎の下や首のたるみも改善しました。
この方は全体的に痩せており、元々顔のボリュームがあまりないため、ヒアルロン酸を注射や脂肪注入をすると、更に若返ります。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
局所麻酔下に髪の毛の中から耳の前にかけて切開するミディアムリフトを行いました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
耳の前は腫れていますが、顔の真ん中はそれほど腫れていません。
やや顔が突っ張っていますが、1~2週間でほとんど治るので心配ありません。
1週間後に抜糸に来ていただきます。

2ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

2ヶ月後です。
腫れはほとんど引いています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る