CO2レーザー・切除縫縮手術

ずっと気になっていたほくろ・イボ・あざを
症状に合わせた方法でオフ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

顔のホクロをCO2レーザーで除去した症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、顔のホクロを取りたいという御要望でした。
ホクロを除去する方法は大きく分けて2つあります。
1つはメスで切除したのち縫縮して、1本の傷にする方法。
もう1つはCO2レーザーで焼いてくりぬいてしまう方法です。
頬のホクロに関しては、切除縫縮手術すると、かなり長い傷跡になることが多いため、CO2レーザーで焼いてくりぬくことになりました。
術後は小さな傷跡がわずかに残りましたが、ほとんど気にならない程度になりました。

術後の経過

治療前

高須幹弥医師からのコメント

治療前です。
頬のホクロをCO2レーザーで焼いてくりぬいて除去することになりました。

治療直後

高須幹弥医師からのコメント

レーザー治療直後です。
ぽっこりと小さな穴が空いていますが、これくらいの小さい穴であればほとんど平らになることが多いです。
皮膚が白くなっているのは局所麻酔の影響なので、1~2時間くらいで戻ります。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
傷はほぼ乾燥し、ジュクジュクした感じはなくなりました。
乾燥していればホクロ除去した部位も普通にメイクして大丈夫です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
だいぶ肉が盛り上がってきて、平らに近くなりました。
まだ赤みがあります。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
赤みはだいぶ引きましたが、まだ少し赤いです。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
だいぶ赤みが引きました。
時間の経過と共にもう少し赤みが引き、更に目立たなくなります。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る