注射式シワ取り 長期持続型ヒアルロン酸注入

プチ整形の代表格
注射式しわ取りで、メイク感覚の若返り

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

20代前半の女性の法令線にヒアルロン酸注射した症例写真

ビフォー・アフター

Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

20代前半の女性患者様で、ほうれい線が気になるとのことでした。
ほうれい線とは、口の横にハの字にできる深いシワのことで、主に頬のたるみや皮膚の張りがなくなることによってでき、年齢を重ねることに深くなります。
また、頬の脂肪が発達していたり、骨格的に口元が出てる人にできやすく、よく笑う人にもできやすいです。
この方は左右のほうれい線にヒアルロン酸を1本ずつ計2本注射しました。
注射後はほうれい線がかなり浅くなって目立たなくなり、肌の張りが出たことによって若々しくなったのがわかると思います。
20代前半の方でもほうれい線が深い人は多く、ヒアルロン酸注射は良い適応になります。
当院のほうれい線専用のヒアルロン酸は比較的永く持続するものを使用しており、注射してから約2~3年で吸収されてなくなってゆきます。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る