注射式シワ取り
PRP皮膚若返りビューティー治療

次世代型の
アンチエイジング美年齢治療

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

よくある質問

Q
年齢のせいか、最近目の下のしわと顔全体のたるみが気になります。シワ・たるみを取り除きたいのですが。
A
高須敬子医師

現在、様々な治療法があります。
しわにはヒアルロン酸などの注射、たるみはたるんだ皮膚を切り取るリフトアップの外科的手術。イタリアンリフトや金の糸(ゴールデンリフト)等、メスを使用せず、糸を埋め込む施術。目の下のしわ・たるみ・クマには、ポラリスレーザーが効果的です。(もちろん、他の部位にも集中的に改善可能です。)頬、顔全体のたるみにはサーマクールCPT等、診察で最も適した施術を医師がお勧め致します。

Q
金の糸やイタリアンリフト施術後もしくは同日可能ですか?
A
日下志厳医師

同日の施術も可能です。

Q
1回の施術で顔全体のシワはどの位改善する事が可能ですか、また持続効果はどのくらいですか?
A
高須克弥医師

通常1回の採血は30ccでそのうち約2ccの血小板血漿(PRP)をお取りすることができ、それを顔の気になる部位に注入します。
1回(2cc)の施術で、額、目の周り、口周り、首などの中から1部位に注入することができます。
例えば90cc採血し6ccのPRPを抽出し、ほぼ顔全体に注入することができますが料金が900,000円と高く、そうであれば同じ顔全体に治療を行うのであればサーマクール、ゴールデンリフト(各300,000円)などの治療が経済的かつPRPと同様あるいはそれ以上の効果が期待できるかとは思います。
施術後、3日程度は強い腫れやむくみが残ってしまうということと、持続効果にも個人差はありますが6ヶ月程で徐々に効果が見られなくなってしまいます。

Q
PRPは安全な治療ですか?
A
日下志厳医師

ご自身の血小板血漿を使うため、感染症やアレルギーなどの心配もない安全な治療です。
どのような方がPRPを行うかというと、例えば特定の宗教を信仰し、体内に輸血やヒアルロン酸などのような外部で作られた成分を注入することが禁じられているため、ご自身の血液から抽出するPRPを体内に再注入し、若返りビューティーの効果を期待します。
決してヒアルロン酸やボトックス・ボツリヌストキシンが劣っているわけではありませんが、そのような方の場合はPRP治療を選択されることがあります。
ただし多くの方はヒアルロン酸、ボトックス・ボツリヌストキシン、糸リフトやサーマクールなどのレーザー照射で即効果の現れる改善を行うことが多いようです。

Q
凸凹になったり不自然にあるのが心配です。
A
谷奈保紀医師

PRPはご自身の血液から抽出した血小板血漿を使用するため、皮膚へのなじみが非常に良いという特徴があります。また注入系の治療でよく問題になる凸凹や不自然さは、医師の技術が大きく関係します。当院では熟練した医師によって肌がなめらかになるよう丁寧に注入しております。また事前に十分なカウンセリングやシミュレーションを行っており、ご満足いただける仕上がりをお届けしています。

Q
術中に痛みはありますか?術後に腫れますか?
A
日下志厳医師

PRPを注入する前には、クリーム麻酔をします。また注射の針は極細のものを使用し、無理のないように丁寧に注入していきます。痛みの感じ方には個人差がありますが、多くの方がチクチクする程度の軽いものと感じられています。腫れに関しても個人差がありますが、強い腫れは3日程度で、例えば目元はサングラス、口元はマスクでカバーしていただければと思います。

Q
たるみにも効果はありますか?
A
鵜飼潤医師

注射式シワ取りPRP皮膚若返りビューティー治療は、その名の通りシワを改善することを第一の目的とした治療ですが、PRPによってコラーゲンやヒアルロン酸の産生が増加することで皮膚全体にハリが出てくるため、ある程度はたるみへの効果も期待できます。また、シワが持ち上がって皮膚がなめらかになることで、たるみも気にならなくなったという方が多くいらっしゃいます。