フォトRF

シミ・そばかすからたるみ改善まで
オールマイティーな老化対策

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
ほほに直径1cmの茶色っぽいしみがあります。消すことは可能ですか?
A
高須英津子医師

色の薄いものでしたらトレチノイン(塗り薬)治療が有効です。また輪郭のはっきりしたしみであればレーザー治療で改善可能です。IPLフォトフェイシャル、フォトRFの光や高周波治療はしみを改善しながら美肌効果もあります。しみには色々な種類があり、その状態を診て医師が最も適した処置を考え、お勧めします。是非、お気軽に診察にお越しください。

Q
最近しみができてしまいました。しみを取る場合はどのような治療になるのでしょうか?
A
高須英津子医師

しみの治療には、大きさや濃さなどの状態、また患者様のご希望などにより、様々な選択肢があります。例えば薬剤を塗布するケミカルピーリング、光や高周波治療のIPL、フォトRF。これらには、しみを改善しながら美肌効果もあります。他にもスキンケア感覚でケアできる塗り薬のトレチノイン治療もあります。また輪郭のはっきりしたしみであればしみとりレーザー治療で改善可能です。

Q
20代なのですが頬のたるみが気になります。
A
高須英津子医師

お若い方ですので光や高周波治療で改善できるかと思います。
お早目の対処であれば早く改善できます。是非診察にお越しくださいませ。
IPLRF(光と高周波治療)で透明感のあるキメ細やかなプルプルお肌になります。たるみなど気にならなくなると思います。さらにパワーの強いポラリス、サーマクールCPT等、状態に応じて医師が適した施術をお勧め致します。

Q
頬やアゴの下のたるみを解消したいのですが、どの様な方法がありますか?
A
日下志厳医師

現在、様々な治療法があります。
地球に重力がある限り、「たるみ」は老化現象として避けられないものですね。お顔のたるみには、皮膚を引き上げるフルフェイスリフトの手術やメスを使わず糸をお顔に挿入して引き上げるイタリアンリフトもオススメです。また高周波の熱によって皮膚を引き締める最新治療のサーマクールCPTは、お顔にメスも注射も一切使いません。施術後に腫れも出ませんので、日常生活に全く支障がありません。たるみがひどくなる前の予防策として受けられますと、将来のたるみを強力に予防します。

Q
毛穴が気になり皮膚が薄く、すぐ赤くなります。またほうれい線(しわ)も気になります。化粧ののりが悪いので、キメの細かい艶のある肌にしたいのですが。
A
高須英津子医師

マイルドな光を使ったIPLフォトフェイシャルは、コラーゲンの生成を活性化して、しみ、ソバカス、くすみ、赤ら顔等の肌のお悩みを総合的にケアできる治療法です。
また、光治療に高周波をプラスしたフォトRFは、毛穴とハリ、たるみへのアプローチをさらに強化したもので、今まで脱毛が難しかった色素の薄い産毛も処理できますので、キメの細かい明るい素肌が手に入ります。もちろんお化粧もきれいに乗るようになります。

Q
IPLは、フォトフェイシャルとどう違うのですか?
A
高須英津子医師

IPL(フォトフェイシャル)は光エネルギーの照射となり、フォトRFは高周波(RF)+APL(光)の治療という違いがあります。高周波(RF)は、瞬時に光よりも深い部分まで届くことが特徴です。IPLもフォトRFも、コラーゲンを活性化して肌を総合的にケアできますが、毛穴、ハリ、たるみへのアプローチを強化したのが、フォトRFです。