サーマクールCPT

痛くない最新式サーマクールCPT!
新登場!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
サーマクールCPTはどんな治療でしょうか?皮膚表面よりも、具体的にたるみだけを治したい場合は何が良いのでしょうか。
A
奥田裕章医師

サーマクールCPTですが、メスを使わずリフトアップ効果が得られる施術としてご好評いただいております。
RF波と高周波を併用した機械による施術で、皮膚を引き締めコラーゲンの生成を促進しますので、毛穴の引き締め、にきび、にきび跡など、美肌効果が得られるとともに肌のハリを引き出し、リフトアップ効果が得られます。一般的に1ヶ月から3・4ヶ月かけて除々に引き締まっていきます。本格的なたるみに効果的な施術は、やはりメスを使うフェイスリフトや、お肌の中に糸を埋め込むリフトのほうが効果的です。いずれにしても、ご希望をお伺いしながらお顔の状態を拝見し、適切な治療を医師よりご提案していますので、是非一度ご来院ください。

Q
20代なのですが頬のたるみが気になります。
A
高須英津子医師

お若い方ですので光や高周波治療で改善できるかと思います。
お早目の対処であれば早く改善できます。是非診察にお越しくださいませ。
IPLRF(光と高周波治療)で透明感のあるキメ細やかなプルプルお肌になります。たるみなど気にならなくなると思います。さらにパワーの強いポラリス、サーマクールCPT等、状態に応じて医師が適した施術をお勧め致します。

Q
施術回数と間隔はどのようにするのがよいでしょうか。また、サーマクールCPTとポラリスを組み合わせる場合は、どのようにするのが良いでしょうか?
A
清水弘己医師

まず、サーマクールCPT施術の1ヶ月後にポラリスを行うのが効果的です。その後は、メンテナンス的に6〜12ヶ月間隔位でサーマクールCPTを行うと、美しい肌の状態が保たれ、より整っていく効果も期待できます。老化は1日1日進んでしまうものですが、これを食い止めて美肌あり続けるでための定期習慣として、お役立てください。

Q
年齢のせいか、最近目の下のしわと顔全体のたるみが気になります。シワ・たるみを取り除きたいのですが。
A
高須敬子医師

現在、様々な治療法があります。
しわにはヒアルロン酸などの注射、たるみはたるんだ皮膚を切り取るリフトアップの外科的手術。イタリアンリフトや金の糸(ゴールデンリフト)等、メスを使用せず、糸を埋め込む施術。目の下のしわ・たるみ・クマには、ポラリスレーザーが効果的です。(もちろん、他の部位にも集中的に改善可能です。)頬、顔全体のたるみにはサーマクールCPT等、診察で最も適した施術を医師がお勧め致します。

Q
頬やアゴの下のたるみを解消したいのですが、どの様な方法がありますか?
A
日下志厳医師

現在、様々な治療法があります。
地球に重力がある限り、「たるみ」は老化現象として避けられないものですね。お顔のたるみには、皮膚を引き上げるフルフェイスリフトの手術やメスを使わず糸をお顔に挿入して引き上げるイタリアンリフトもオススメです。また高周波の熱によって皮膚を引き締める最新治療のサーマクールCPTは、お顔にメスも注射も一切使いません。施術後に腫れも出ませんので、日常生活に全く支障がありません。たるみがひどくなる前の予防策として受けられますと、将来のたるみを強力に予防します。

Q
サーマクールとウルセラシステムはどちらが効果がありますか?
A
高須英津子医師

ウルセラシステムは皮膚深部4.5mmにまで超音波熱エネルギーが到達することで、筋肉そのものを引き上げる効果があり、サーマクールは表皮から3mmの層で照射することで、皮膚を引き上げることを目的とした施術となります。
そのためふたつの施術は効果の目的が異なります。状態を拝見し、今一番適した施術を医師がお勧め致します。

Q
かなり多めのにきび跡が気になります。深い跡もいくつかあります。どのような治療がありますか?
A
高須英津子医師

にきびの凹凸には、その状態に合わせて様々な治療方法があります。塗り薬で2〜3ヶ月かけて治していくトレチノイン治療、レーザーや光治療の方法があります。当院はは最新の肌治療機器を数多く揃えており、最新技術を駆使しておりますが、凹凸の深い場合は完治は難しい場合があります。カウンセリングでは、医師が詳しく診察し、患者様にあった治療方法をご提案させて頂きます。

Q
サーマクールCPTの効果はいつぐらいから?効果はどのぐらい続きますか?
A
高須英津子医師

治療効果は処置後2週間めごろから出始め、約3ヶ月かけて徐々にリフトアップします。ただコラーゲンが新しく作り直されるのに時間がかかるため、完全に効果が出るには少し時間を要する場合もあります。そのため、周りの方に気付かれる事なく、自然にリフトアップすることが可能です。
一度改善した部分は元に戻ることはないですが、照射後からまたそれぞれの方のペースで通常の老化が始まります。

Q
サーマクールCPTは痛みが軽減されたと聞きますが、本当ですか?
A
日下志厳医師

従来のサーマクールに比べ痛みを低減させる(バイブレーション)機能を備えたため、照射中低い熱エネルギーで十分な熱を照射するため痛みも軽減できます。
施術は軽く熱い感じが心地よい程度の痛みです。今までのサーマクールに比べて、痛みは格段に減りました。苦痛を感じるような痛みはありませんので、ご安心ください。(クリーム麻酔を塗る事は可能です)

Q
ポラリスとサーマクールの違いを教えてください。
A
高須英津子医師

サーマクールとポラリスの違いは照射の深さです。サーマクールは、皮膚深部2〜3mmの深さに作用し、ポラリスのエネルギーが有効なのは、皮膚の浅いところ(0.5〜1.5mm)での照射。
タイプの異なるエネルギーを照射する事で皮膚の下部をダブルに引き締め、シワ・たるみ、皮膚表面の毛穴まで改善できます。
*真皮層まで届くサーマクールの効果が表れている期間にポラリスを併用する事で効果が高くなります。
※当院ではサーマクール施行の患者様に1ヶ月後に施行部位、同部位のポラリスをサービスで照射します。

Q
サーマクールCPTは何歳頃から行なうのがオススメですか?
A
高須英津子医師

ちょうど、たるみが気になり始める30代からがオススメです。自分で鏡を見て、 法令線が気になったり、「昔と顔が変わったかも・・・」などと思ったりしたときが、施術を受けるタイミングです。
小顔効果を求める人には、20代前半頃から行うこともあります。
もちろん、40代〜80代の方に行っても効果があります。

Q
ウルセラシステムとサーマクールCPTの両方の施術を希望しています。どのくらいの間隔で受けるのがよいでしょうか?
A
高須英津子医師

ウルセラシステムとサーマクールCPTの両施術をするのであれば、6ヶ月に1回のペースで行うのが理想ですが、あまり頻回通えない方は、1〜2年の1回でもかなりの効果を持続させることができます。
もちろん、1回行うだけでもある程度のコラーゲンが永久に残るため、効果は半永久的に持続します。
同日に施術できますが、間隔を開けて両施術を受ける場合は先にウルセラを行い、3ヶ月以内にサーマクールを行なうといいですね。

Q
サーマクールCPTのダウンタイムはどれくらいですか?
A
高須英津子医師

高周波の熱によって皮膚を引き締めるためお顔にメスや注射を一切使わず、また、独自のクーリングシステムがあるため、ダウンタイムはほぼありません。施術当日からメイクも可能です。ほとんど腫れないので周囲の目は気になりません。
ただ、熱の力でギュッと顔を引き締めるので、冷やすのは少し我慢したほうが効果を感じやすいです。

Q
サーマクールCPTは首にも施術可能ですか?
A
高須英津子医師

はい、今まで施術の難しかった首にも照射可能です。サーマクールCPTは、ほうれい線や目もとのしわをはじめとした顔だけでなく、年齢のでやすい首のしわ対策にも有効です。術後すぐに皮膚が引き締まった感が得られ、さらに3ヶ月ほどかけて徐々に効果が現われてきます。術後の腫れなどのダウンタイムもほとんどないので、ご検討ください。

Q
サーマクールCPTを受けた後、メイクはできますか?
A
高須英津子医師

はい、治療後すぐにメイクしていただけます。サーマクールCPTは肌に大変優しい治療ですので、ダウンタイムがほとんどないのです。また、当日はほてった感じや腫れがみられる場合もありますが、日常生活に支障がでるようなことはありません。周りの方に治療を受けたことがわかかる心配もなく、効果実感が高いため、大変人気のある治療です。

Q
シミやソバカスに効果はありますか?
A
高須英津子医師

サーマクールCPTはコラーゲンを収縮、増生させる効果があるため、気になる皮膚のたるみ、シワだけでなく、毛穴やニキビ、ニキビ跡にも効果を発揮致します。ただ、たるみやシワよりも、とくにシミが気になるという場合は、光治療のフォトフェイシャルやQスイッチレーザーなどが大変効果的です。両方の施術の併用もオススメです。

Q
どのくらいの治療回数がベストですか?
A
高須英津子医師

サーマクールCPTの治療回数には個人差がありますが、通常6ヶ月〜1年に1回が理想的といわれています。そして、効果実感が高いため、多くの方が1年前後でリピートされる人気の施術となっています。手術と違い、自己の治癒能力を活かした穏やかな治療ですので、お一人おひとりが望まれる状態と実際の改善具合を考慮しながら治療を行います。もちろん、1回治療して終わりにしても、十分な効果があります。