ふくらはぎ・足やせ・美脚(ボトックス・ボツリヌストキシン注射)

所要時間はたった3分
注射するだけで、ししゃも足が美脚に変身

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

ボトックス注射でふくらはぎの筋肉を痩せさせて細くした症例写真の術前術後画像の解説

ビフォー・アフター

Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
Before After(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、ふくらはぎが太いのが悩みで来院されました。
診察させていただくと、ふくらはぎの筋肉である腓腹筋とヒラメ筋が発達して太くなっていました。
このようにふくらはぎの筋肉が発達して太い場合はボトックス(ボツリヌストキシン)注射が有効なので、ボトックス(ボツリヌストキシン)注射をすることになりました。
2ヶ月には、腓腹筋とヒラメが適度に細くなり、すらっとしたスマートなふくらはぎになりました。
ふくらはぎが太い原因は主に、
・筋肉が発達していて太い場合
・脂肪がついていて太い場合
・浮腫んで太い場合
の3つです。
この患者様は脂肪や浮腫みによるものではなく、筋肉が発達して太いふくらはぎだったので、ボトックス(ボツリヌストキシン)注射で細くなりましたが、脂肪がついていて太い場合はイタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射メソセラピー)や脂肪吸引をすることになります。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る