ミケランジェロ™

認定ドクターだけができる
究極のボディーデザインアート

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

ミケランジェロ™の特徴

『VASER® Hi Def ミケランジェロ(ベイザー・ミケランジェロ)』は、南米のコロンビアで生まれ、今、ビバリーヒルズで大流行している最先端の美容テクノロジー。単なる肥満治療ではなく、理想のボディラインを作り出す究極のボディデザインアートと呼ばれ、その名の通りミケランジェロの彫刻のような美しい肢体を手に入れることができます。
最新式のボディデザイン装置を使って、彫刻家が大理石の塊から美しい女神像を掘り出すように、余分な脂肪に隠れた理想のボディを掘り出していくのが、この治療の特徴。血管や神経などの大事な組織を傷つけずに余分な脂肪だけを安全に除去することができる特殊な超音波“VASER波”と刃のついていない特殊構造の吸引管“VentX™”(国際特許取得)を使用し、ボディの3D彫刻を行います。
従来の脂肪吸引治療では難しかった皮膚に近い部分の脂肪も安全に立体的に除去することができ、さらに取り除いた脂肪は安全な注入剤として使用できるので、「ウエストはすっきりさせて、ちょっとだけ胸をふっくら」「女性らしいヒップラインをつくりたい」といった細やかなボディデザインが可能です。

施術料金

ミケランジェロ™
女性 ¥1,000,000〜2,000,000
男性 ¥1,500,000〜3,000,000

※体の大きさや取る脂肪の量によって料金が変わります。
詳しくは診察時にご確認ください。

【東京】

高須克弥院長の肉体改造計画(ミケランジェロ™の施術風景)

ミケランジェロで使用する機器

ミケランジェロの詳細

1まったく新しい3Dボディ・デザイン・テクノロジー

ミケランジェロは、今までのどんな脂肪吸引手術とも違います。表層・中層・深部全ての脂肪を立体的に、根こそぎ除去し、必要な場所に再注入することによって、若々しい美しいメリハリボディをデザインします。また、VASER波の引き締め効果でたるんだ皮膚を内側から引き締めることで大量の脂肪摘出後もたるみができません。

2安全な手術です

血管や神経などの組織にダメージを与えず、脂肪だけを選択的に剥離・乳化してから、刃のついていない極細の管で優しく吸い出します。入院の必要はありません。

3高い自己脂肪注入定着率!!

吸い出した脂肪は、そのまま希望の部位(バストやヒップ)へ再注入ができます。過去4年間の平均生着率80%。安全で自然なメリハリボディが完成します。

こんな方にオススメ!
  • メリハリのある理想体型に限りなく近づけたい
  • モデルのようなスタイルになりたい
  • 減らしたいところと増やしたいところの両方がある
  • 今まで色々な方法を試したが効果がなかった

症例のご紹介

ミケランジェロ™

After

日下志厳医師

症例写真のモデルは高須クリニック院長の高須克弥です。見事な変化に、当院の誰もが目を見張りました。
通常はハードなダイエットや筋トレでしか作れない肉体美を、手術台に寝ているだけで手に入れられるのがミケランジェロ。まず、たっぷりお腹についていた脂肪を、まるで腹筋が8つに割れているかのように美しく吸引。この吸引した脂肪を大胸筋の中に注入し、胸の厚みを出して逞しくしました。
ミケランジェロは、厳しいトレーニングを受けた認定医にしかできない手術。非常に高度な技術と、芸術家のような美的センスを要します。日本で初めての認定医であり、多数の症例をこなした私に、お任せください。

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約2〜4時間
術後の通院 1回〜(施術箇所により回数は異なる)
術後の腫れ 強い腫れは1〜2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 不可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔と全身麻酔併用
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能

リスク・副作用・合併症について

脂肪の取りすぎについて

脂肪吸引のリスク、副作用、合併症に、脂肪の取りすぎというものがあります。
患者様によっては、「できるだけたくさん脂肪を取ってほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、脂肪吸引は脂肪を取れば取るだけ細くなって綺麗になるわけではありません。
特に皮膚が薄い人や皮膚のたるみがある人に無理してたくさん脂肪を取ってしまうと、皮膚が凸凹になったり、段差が生じたり、余計にたるみが生じたりしてしまうことがあります。
脂肪吸引は脂肪溶解注射(イタリアンメソシェイプ)などに比べると、大雑把に大量の脂肪を取る治療であるため、完全に脂肪がなくなるくらい脂肪を取ってしまうと、どうしても取りムラができて、凸凹になったり、段差が生じたりしてしまいます。
程よく脂肪が残る程度に脂肪吸引した場合は、凸凹になったり、段差が生じたり、余計にたるみが生じたりすることはなく、綺麗に仕上がるし、逆に皮膚のたるみが引き締まることが多く、それは医者の技術とセンスによります。
特に女性の場合は、脂肪の取りすぎは要注意です。
女性の身体の魅力は、付くところは付いていて丸みがあり、くびれているところはくびれていて、皮膚の表面が柔らかい感触であることです。
女性に脂肪吸引で脂肪を取りすぎてしまうと、丸みがないガリガリの身体になったり、皮下脂肪が全くなくなってしまうことによって、皮膚が筋肉に張り付いたような硬い感触の身体になってしまいます。
脂肪吸引のポイントは、「いかにたくさん脂肪を取るか」ではなく、「いかに必要な分だけ脂肪を取り、綺麗なボディラインにするか」なのです。
脂肪吸引をするほど脂肪が付いていない人や、脂肪吸引をしてだいぶ脂肪がなくなったけどもっと脂肪を取りたい人は、脂肪吸引よりも脂肪溶解注射(イタリアンメソシェイプ)のほうがむいています。
イタリアンメソシェイプは脂肪吸引に比べ繊細に脂肪を取る治療なので、凸凹になったり、段差が生じたり、たるみが生じるリスクはまずありません。