ミケランジェロ™

認定ドクターだけができる
究極のボディーデザインアート

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
体重は落とせますか?
A
日下志厳医師

脂肪吸引と同様です。脂肪を取り除いた分、体重は多少減ることが予測されますが、ミケランジェロの場合は吸引した脂肪を胸などに注入するというケースもあります。減量というよりは、メリハリのあるボディを作る「お身体の彫刻」のような施術とお考えください。体重を落とすことが目的の場合は、別の施術をご提案することもできますので、一度ご来院ください。

Q
どれ位で日常生活を送れるようになりますか?
A
日下志厳医師

施術部位によっても異なりますが、多くの場合、術後約7日で行う抜糸を終えると、通常通りの生活が可能となります。術後数週間はバンテージなどによる圧迫固定が必要となり、激しい運動については2週間程度お控えいただくのが無難ですが、特に日常生活に支障はありません。尚、創部が濡れなければ当日からシャワーも可能です。

Q
(女性の場合)痩身目的だけで脂肪の再注入を希望しない場合でもミケランジェロ™を行う事はありますか?また、男女に関わらず、どういう人が普通の脂肪吸引ではなくてミケランジェロ™を行うのでしょうか?
A
日下志厳医師

痩身だけが目的であれば普通の脂肪吸引で良いと思いますが、バストへの注入を希望される場合に行う事があります。ミケランジェロ™と脂肪吸引の違い:脂肪吸引は均一に脂肪を取り、ある程度脂肪を残します(通常の脂肪吸引は脂肪を採り過ぎると凸凹になったりするため、適度に脂肪を残してなめらかな表面になるようにします)。ミケランジェロ™は取りたいところは思いっきり全層で採って、残すところは残し、お腹は腹筋が割れているように見えるよう脂肪を残す。脂肪によって偽(ニセ)の筋肉をつくるのです。どういった方が最も向いているのかというと、基本的に男性で、筋トレなどをしないで努力せずにマッチョな身体付きにしたい方です(脂肪を腹筋のようにして、取った脂肪を胸板の筋肉に注入して胸板を厚く見せる事が出来るからです)。

Q
脂肪が付いている部位であれば、全身どの部分でも行えますか?
A
日下志厳医師

はい、基本的にどこでもOKです。ミケランジェロでよくあるケースは、女性なら腹部の脂肪を除去してバストに注入する場合、男性なら腹部を腹筋が割れたように見せる場合です。このほか、太ももから脂肪を吸引してバストに注入するなど、減らしたいところから増やしたいところへ、ボディデザインできるのがこの施術の特徴です。

Q
1.腹部の脂肪を除去してバストに注入する場合(女性)、2.HPの高須総院長の術後写真のような腹部を割れた筋肉のように見せる場合(男性)、それぞれの費用の概算を教えてください。
A
日下志厳医師

状態にもよりますが、1の腹部の脂肪を除去してバストに注入する場合(女性)は100万〜200万、2の腹部を割れた腹筋のように見せる場合(男性)は150万〜300万円です。金額に幅がありますが、脂肪除去の量や注入のデザインなどによって異なります。詳細は、カウンセリングで細かなご希望をうかがったあとにご提示させていただきます。

Q
「スムースライポサクション法」と「ミケランジェロ™」の違いがよくわかりません。それぞれのメリット・デメリットを教えてください。
A
高須敬子医師

スムースライポサクション法は皮下についている脂肪を単純に取って細くする施術です。
ミケランジェロ™はボディを彫刻のようにデザインする施術で、例えば腹筋を割れたように見せるために細く溝をつけたり、採取した脂肪を胸に入れて厚くするというようなことができます。
普通にサイズダウンしたい方はスムースライポサクション法、精密なボディデザインをしたい方はミケランジェロ™をオススメします。

Q
体重を落としたため、二の腕が振り袖のようにブヨブヨになりました。こういう場合でも、ミケランジェロ™や脂肪吸引法は効果があるのでしょうか?
A
高須敬子医師

ミケランジェロ™も脂肪吸引スムースライポサクション法も、脂肪を取ることを前提としていますが、ある程度はたるみを改善することもできます。しかし、実際に状態を拝見させていただかないと何とも言えませんので、まずはカウンセリングにお越しください。たるみの状態によっては、皮膚切除など別の方法をご提案することになるかもしれません。

Q
ミケランジェロ™をした腹筋の硬さはどうなっているのですか?また、術後に筋肉がつきはじめた場合どうなるかも教えてください。
A
清水弘己医師

腹筋は、触ると柔らかい状態です。本来筋肉は触ると硬いのですが、ミケランジェロ™で得られた一見筋肉質に見えるボディは、実は皮下脂肪に溝をつけて筋肉に見せたものだからです。術後、運動等で治療箇所に筋肉がついてくると皮下脂肪も燃焼される可能性があり、感触は本来の筋肉の硬さになっていくものと思われます。そして、治療直後の状態や形状も運動によって変わってくる可能性があります。