脂肪吸引(スムースライポサクション法)

技術の高さを物語る、群を抜く臨床例
たっぷりついた脂肪も一網打尽!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

50代女性のたるんだお腹まわりに大量の脂肪吸引をした症例写真

ビフォー・アフター

Before After
Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

50代女性の患者様で、全体的にたるんだお腹まわりをどうにかしたいという御希望で来院されました。
診察すると、お腹まわり全体に大量の皮下脂肪がついており、それに加え、内臓脂肪もついていました。
また、全体的に皮膚がたるんでおり、下腹部には虫垂炎(盲腸)と帝王切開の傷もありました。
手術は全身麻酔で、上腹部、下腹部、わき腹、腰、背中から脂肪吸引をすることになりました。
皮膚のたるみが酷くならないように、丁寧に吸引し、トータルで約3リットルの脂肪を採りました。
術後は、たるんでボリュームのあったお腹まわりはかなりすっきりしました。
内臓脂肪は吸引することはできないのと、皮膚のたるみを完全に良くすることはできないので、グラビアアイドルのように綺麗に括れたウェストにすることはできませんが、かなり見た目は良くなったと思います。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る