脂肪吸引
(スムースライポサクション法)

技術の高さを物語る、群を抜く臨床例
たっぷりついた脂肪も一網打尽!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

施術の流れ

1カウンセリング・診察

カウンセリング

  • 体型に関する悩みを詳細にうかがいながら診察をします。
  • 他の痩身術(薬剤で脂肪を溶かす「イタリアン・メソシェイプ」など)とも比較し、脂肪吸引を選択するかどうか決定します。
  • どの部分の脂肪を吸引すると一番効果的かを見極めていきます。
  • 多数の症例写真を見ながら、吸引の方法や仕上がりの状態、手術に要する時間・費用などを説明します。
  • 手術の流れや術後のアフターケアなどについて、詳細に説明します。

POINT

脂肪吸引では、事前に医師と十分に話し合うことが大切です。
高須クリニックでは、インフォームドコンセント(医師と患者の相互理解)を重視しています。
悩みや不安、疑問をすべて医師に吐露し、納得して施術を受けてください。

手術の予約がしてあれば当日に手術することもあります。カウンセリング・診察が終了後、検査→吸引治療へと進むこともできます。(体調不良や、全身麻酔を希望する場合などは除く)

2手術の予約

手術の予約

  • 仕事や体調などを考慮し、患者様の都合に合わせて決定します。
  • カウンセリング時に手術を受けるかどうか決断のつかない場合は、後日電話またはメールにて予約していただきます。
  • 事前に手術の予約があり、全身状態に問題がない場合は、カウンセリング当日に局所麻酔で行うことも可能です。

3検査

検査

  • 血圧、脈拍、血液などを検査します。
  • 体質や体調を確認するとともに、常用薬や持病、感染症の有無などをチェックします。
  • 手術に向けての体調管理を指導します。

4術前

  • 術前の食事や、種類によっては常用薬を控えていただきます。

5手術(約30分〜2時間)

1.吸引部位をマーキング

デザイン
  • どの部位からどれくらい脂肪を吸引するかによって、仕上がりの美しさは大きく違ってきます。その方が最もきれいに見える吸引を目指し、丁寧にマーキングしていきます。

2.局所麻酔または全身麻酔を施す

局所麻酔液
  • 吸引部分の麻酔には、血管収縮剤や止血剤をブレンドしたチューメセント液を使用。
    これによって吸引時に血管が傷つくのを軽減するとともに、脂肪を柔らかく。スムーズな吸引を実現し、身体への負担を少なくします。

3.カニューレを挿入し、脂肪を吸引

カニューレ
スキンプロテクター
  • カニューレには様々な太さがありますが、血管や神経を傷つけないように、できるだけ細いものを使用。さらに先端にスキンプロテクターを装着し、吸引口への負担を軽減します。
    幾重にもなっている脂肪層の浅いところから深いところまで、まんべんなく吸引。凹凸ができないよう丁寧に脂肪を取り除いていきます。

4.カニューレの挿入口を縫合

脂肪吸引に使用する機器
脂肪吸引の施術風景
全身管理
  • 極細の糸を使用して、丁寧に。細いカニューレ、先端のスキンプロテクター、そして極細糸での縫合。皮膚や脂肪層への負担を最小限にしているので、術後の経過もよく、縫合跡もほとんど目立たない状態になります。

6術後

バストバンド

術後ガードル

  • ガードルやバンテージ、フェイスマスクなどで吸引部分を圧迫固定します。(術後数週間は圧迫固定の必要があります)
  • 術後の痛みを抑えるために内服薬や座薬を処方。
  • 麻酔が完全に覚めるまで、2〜3時間休憩し帰宅できます。 (入院の必要はありません)
  • 手術箇所が濡れなければ、当日からシャワーも可能です。
  • デスクワークなどの仕事は、翌日からでも行えます。(激しい運動は、2週間程度控えるのが無難です)
  • 術後1週間で抜糸します。
  • 術後1〜2週間で腫れが引いてくると、効果を実感できます。

7アフターケア

  • 24時間緊急サポートを行っているので術後の痛みをはじめ、不安や疑問に電話で応えます。
  • 定期健診で術後の経過をチェックします。

POINT

手術終了後も万全の体制を整えることで、高須クリニックでは、患者様との長い信頼関係を大切にしています。