眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象を改善し
輝く表情で好感度UP!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を大きくした症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(メイクなし)
After(カラコンあり)
After(カラコン、メイクあり)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目が小さいのが悩みで、目を大きくして、派手なデカ目メイクが似合う幅広平行型二重にしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、眼球自体が小さいため、横幅、縦幅ともに小さい目をしてらっしゃいました。
まぶたの開きがあまり良くない上に、一重まぶたで皮膚が被さっており、それによって、目の縦幅が小さいのが強調されていました。
また、蒙古襞が発達していたため、目の横幅が小さいのに拍車をかけ、目と目の間隔が大きく広がっていました。
手術は、目頭切開と眼瞼下垂手術を行い、できるだけ目が大きく見えるようにしました。
目頭切開は、Z法に準じて行い、突っ張っている蒙古襞を解除するように、目が内側に約2mmずつ大きくなるようにしました。
眼瞼下垂手術は、普通に目を開けて、黒目が8~9割程度見えるように調節し、幅広い平行型二重になるように、二重まぶた全切開法に準じて内部処理を行い、二重を作りました。
術後は、目が一回り大きくなって、希望通りの派手なアイメイクが似合う幅広平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目頭切開+眼瞼下垂手術をして、幅広平行型二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(メイクなし)です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(カラコンあり)です。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(カラコン、メイクあり)です。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る