眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象を改善し
輝く表情で好感度UP!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(8ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、左右非対称の目を治したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、右目が眼瞼下垂で、左目よりもまぶたの開きが悪い状態になっていました。
眼瞼下垂の原因ははっきり分かりませんでしたが、患者様の話を聞くと、先天性+後天性の眼瞼下垂であると予想されました。
手術は右目の眼瞼下垂手術をすることになりました。
なるべく左右対称にするため、左目の二重のラインに合わせて切開し、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転、固定し、短縮しました。
皮膚の切除は行いませんでした。
二重のラインを作るために必要最小限の脂肪は切除し、積極的にたくさんの脂肪は切除しませんでした。
術後は二重のラインの幅、形、まぶたの開きがほぼ対称になり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
右目の眼瞼下垂手術をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔の影響などにより強く腫れています。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
手術直後よりだいぶ腫れは引いています。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
さらに腫れが引きました。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
かなり腫れが引きました。

8ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

8ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る