眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象を改善し
輝く表情で好感度UP!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

高須のこだわり

一人ひとりの希望に合わせた手術を

手術の前にじっくりとカウンセリングを行い、一人ひとりの状態に合わせて切開する角度や長さをコンピュータでシミュレーション。そして、上まぶたの眼けん挙筋を個人の状態に合わせてカットし、短縮させて縫合していきます。この時、一重から二重にしたい人は、二重のラインを糸で結んで二重まぶたを作ることも可能。傷は二重のラインに沿って、ぴったりと一致するので、傷跡が目立つ心配はありません。

シミュレーションイメージ

重瞼棒によるシミュレーションの様子

術中も術後も快適に

点眼薬とクリームによる麻酔、そして極細の針による注射で局所麻酔をしますので、術中の痛みは少なくて済みます。縫合も二重のヒダに沿って特殊な極細糸を使用して行うので、傷跡が目立たず仕上がりはとても自然。術後の腫れや痛みもわずかで、手術当日からシャワーもOKです。

手術後は、痛み止めの内服薬や座薬を処方しています。

▼処方する痛み止めの種類とよくある質問
美容整形手術後の自宅疼痛管理

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

リーズナブルに、すっきりとしたまぶたに

埋没法の糸が入っている方は、可能な限り抜糸。まぶたの脂肪を取る必要がある場合は、同時に取って仕上げます。どちらも追加料金はいただきません。