上眼瞼リフト(眉下切開による上瞼たるみ取り)

目の形を変えずにたるみを取り除き、
若々しい目に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

60代女性に二重のラインで上まぶたたるみ取りを行い、綺麗な二重を作った症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

60代女性の患者様で、上まぶたの皮膚がたるみ、元々あった二重のラインが隠れてしまっていました。
特に目尻側のたるみが強く、被さりが大きいため、外側の視野が狭くなってしまい、サイドから車が接近してきてもそれが目に入らないため、いつもぶつかりそうになり危ないとおっしゃっていました。
加齢のため、上まぶたの皮膚だけでなく、コメカミや目尻のたるみもあったため、二重のラインで皮膚のたるみを切除する上まぶたたるみ取りと、眉毛の下で皮膚を切除して目尻のたるみを上げる上眼瞼リフトをすることをお勧めしましたが、完璧な若々しい目にならなくても適度にたるみが取れれば良いというご希望だったので、二重のラインでのたるみ取りのみを行いました。
皮膚は約5mmの幅で切除しました。
余分な脂肪はなかったので、眼窩内脂肪やROOFは切除していません。
また、同時に新しく作る二重のラインで内部処理を行い、全切開二重と同じ要領で二重を作りました(目を閉じた状態で12mmの位置で作りました)。
術後はたるみが除去され、綺麗な二重が現れ、若々しい目元になりました。
視野が広がり、生活が楽にもなったそうです。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る