二重まぶた・埋没法

メスを使わず、理想の二重に
美しい仕上がりをキープするなら、高須式

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

周囲に気付かれないように二重まぶた埋没法を行った男性患者様の症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(目を開いた状態)
After(目を閉じた状態)
(3ヶ月後)
Before
After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
元々奥二重でしたが、まぶたの皮膚が被さっているため目が細く、また、左右非対称なのを気にされていました。
二重の幅を今より広げて、目をぱっちりさせて大きく見せたいという御要望でしたが、職場の人には気づかれたくないということでした。
しかし、男性が二重の幅を広げて目を大きくして、絶対に誰にも気付かれないということはありえません。
そのため、なるべく気付かれないように、埋没法でわずかに幅を広げるだけにしました。
手術は目を閉じた状態で約5mmの位置で固定しました。
術後は、被さっていた皮膚が上がり、目を開けた状態で黒目の上の二重の幅が0.5mm程度見えるようになりました。
仕上がりは非常に自然なので、初対面の人には整形したことは気付かれないと思いますが、職場の人に気付かれない可能性は0ではありません。
絶対職場の人に気付かれたくないのであるならば、ほとんど変わらない程度に二重の幅を広げれば良いのですが、その場合は当然ほとんど変わらないので、手術する意味がないと思います。
ときどき患者様で、「整形して変わりたいけど、職場の人や家族にバレると困るので、絶対にバレないように手術してください」と御要望される方がいらっしゃいますが、変化する以上は誰かに気付かれる可能性はあるので、絶対に誰にも気付かれないように手術して変わるのは不可能です。
しかし、なるべく気付かれないように変化を少なく手術するということは可能です。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
もともと奥二重ですが、なるべく周囲に気づかれないように埋没法で二重の幅を広げて目をぱっちりさせたいということでした。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
腫れているので予定より幅が広いです。

高須幹弥医師からのコメント

手術直後の目を閉じた状態です。

5日後

高須幹弥医師からのコメント

5日後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ腫れています。

高須幹弥医師からのコメント

5日後の目を閉じた状態です。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
ほぼ腫れは引いています。

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後の目を閉じた状態です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る