目頭切開

憧れていた切れ長の大きな瞳
事前シミュレーションで、思い通りの仕上がりへ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で末広型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
Before
After(6ヶ月後)
Before
After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、目が小さいうえに、加齢によって、上まぶたの皮膚が被さっていることを気にされていました。
診察させていただいたところ、眼球自体がやや小さく、目の横幅、縦幅がともに小さめでした。
眼球がついている位置自体が外側気味な上に、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔がかなり広く離れていました。
また、元々一重まぶたの上に、加齢によって上まぶたの皮膚が被さり、三角形の目になっていました。
患者様は、「自然で若々しい目にして、尚且つ、目を大きくしてほしい」というご要望だったので、目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法に準じて、目が内側に2mmずつ広がるようにしました。
二重まぶたミニ切開法は、目を開けた状態で、二重の幅がわずかに見える程度の自然な二重を作りました。
術後は自然な若々しい末広型二重になり、患者様には大変喜んでいただきました。
元々、かなり目と目の間隔が広いため、目頭切開をしても、まだ目と目が離れている印象がありますが、これ以上目頭を切ってしまうと、涙丘(目頭の赤色の粘膜の部分)が丸見えになって、キツい印象になってしまう上に、ロンパリ(外斜視)気味の目になってしまうので、目頭切開はこの程度で良かったと思います。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強い腫れがあります。

高須幹弥医師からのコメント

手術直後の目を閉じた状態です。
目を閉じると、糸がついているのが見えます。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
狭い二重を作ったので、大きな腫れは目立ちません。

高須幹弥医師からのコメント

1週間後の抜糸直後の目を閉じた状態です。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
かなり腫れは引いています。

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ傷跡が食い込んでいますが、目立たなくなっていきます。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡も目立たなくなりました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る