目尻切開

細くキツい目を、やさしさ溢れる印象に
顔全体のバランスまで良好に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目尻切開+たれ目形成術(グラマラスライン)で目を外側と下方に大きくした症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、つり目を改善して、目を大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、自然で綺麗な末広型二重で、目の開きも非常によく、軽度のつり目をしていました。
目の横幅は特別狭いほうではなく、目と目の間隔も特別離れてはいませんでした。
目を大きくする手術は、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、たれ目形成(グラマラスライン)などがありますが、この患者様の場合、まぶたの開きは充分に良いため、眼瞼下垂手術は適応にならず、また、目頭切開よりも、目尻切開やたれ目形成のほうが適応になるため、目尻切開とたれ目形成をすることになりました。
目尻切開は目尻をW字型に切開し、外側に最大限拡げたところ、約1.5mmずつ拡がり、拡がった分は上下にも拡がるようにしました。
たれ目形成は、下まぶたの黒目より外側の部分が、自然な範囲内で最大限下がるようにし、約2mmずつ下げました。
術後はつり目が改善し、目が一回り大きくなったように見え、患者様には大変満足していただきました。
たれ目形成に目尻切開を加えると、たれ目効果に相乗作用がでるため、ニーズの多い組み合わせ手術になっています。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
麻酔の影響などで腫れがありますが、必ず引きます。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
わずかな内出血が見られますが、これくらいの内出血ならあと1週間くらいでほとんど引きます。

4ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後です。
つり目が解消し、目が一回り大きくなったように見えます。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る