目尻切開

細くキツい目を、やさしさ溢れる印象に
顔全体のバランスまで良好に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)で外斜視気味の目を改善させた症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、目の印象を良くしたいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、過去に他院で目頭切開を受けていました。
元々、眼球がやや外側についていて、やや外斜視気味であったのに、目頭切開をしたことにより、更に外斜視を悪化させていました。
外斜視気味の目を改善させるためには、蒙古襞形成で目と目の距離(間隔)を広げること、目尻切開で目を外側に広げることが必要になります。
患者様は、蒙古襞形成をすると目の横幅が小さくなってしまうのでしたくないというご要望だったので、目尻切開をすることになりました。
また、タレ目形成(グラマラスライン形成)を同時に行い、黒目の外側の白目の面積を増やして、より外斜視を改善させることになりました。
術後は、目尻切開で目が外側に約1.5mm広がり、タレ目形成で黒目の外側の下まぶたが約2mm下がり、外斜視気味の目が少し改善しました。
また、つり目が解消して、優しい印象の大きな目にもなり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
他院で目頭切開を受けています。
目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン形成)をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響により腫れています。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出ませんでした。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る