二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

一重に戻ってしまう心配なし
ほんの少しの切開で、すっきりくっきりの二重に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目頭切開せずに二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さり、細い目をしていました。
幅が広い二重や不自然な二重は嫌という御要望だったので、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見えるようなデザインで手術することになりました。
元に戻ってしまう二重は嫌ということだったので、埋没法ではなく、ミニ切開法で手術することになりました。
皮膚切除はせず、眼窩内脂肪やROOFも切除しませんでした。
術後は目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える狭い平行型二重になりました。
この方は、元々蒙古襞の張りが弱いため、目頭切開をして蒙古襞の張りを大きく解除しなくても、狭い二重を作るだけで平行型二重になりました。
この方のように、狭い二重を作るだけで平行型二重になる人は、どちらかというと珍しいです。
ほとんどの人は、平行型二重を作るには、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作るか、狭い二重を作ると同時に大きく目頭切開をして、蒙古襞の張りを解除する必要があります。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目頭切開せずに、二重まぶたミニ切開法のみで幅の狭い平行型二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強い腫れがあります。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れが残っており、予定よりも幅が広いです。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る