二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

一重に戻ってしまう心配なし
ほんの少しの切開で、すっきりくっきりの二重に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶたミニ切開法で平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(メイクなし)
After(メイクあり)
(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、元々眼球が小さいため、目の縦幅、横幅が小さく、目と目の間隔も離れていました。
また、過去に二重まぶた埋没法やアイプチ、アイテープ、メザイクを繰り返しており、まぶたの皮膚が荒れ、二重のラインが一定せず、左右非対称の二重でした。
患者様は幅広い平行型二重を希望されており、元に戻らない手術方法がよいということだったので、二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
手術は皮膚切除は行わず、適度に眼窩内脂肪を除去し、幅広いラインで二重を作りました。
過去に行った埋没法の糸は除去しました。
ROOFは切除しませんでした。
この患者様はそれほど蒙古襞が発達していなかったので、幅広い二重を作るだけで、十分平行型二重になりました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
眼球が小さいため、黒目が小さく、目の横幅も小さいタイプの方です。
埋没法やアイプチを繰り返しているため、二重のラインが安定せず、左右非対称の二重になっています。
ご本人の希望により、二重まぶたミニ切開法で幅が広めの平行型二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強い腫れがあります。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
幅の広い二重を作ったため、手術後の腫れが強く出ています。
翌日からアイメイクをすることができます。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
まだ腫れが残っています。

4ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後(メイクなし)です。
だいぶ腫れはひきました。

4ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後(メイクあり)です。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る