二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

一重に戻ってしまう心配なし
ほんの少しの切開で、すっきりくっきりの二重に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、幅が広めの平行型二重を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、過去に二重まぶた埋没をしていますが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしておらず、左右非対称の目になっていました。
蒙古襞が張っており、目の横幅が小さく、目と目の間隔がやや広がっていました。
また、アイプチ、アイテープ、メザイクなどを繰り返していたため、まぶたの皮膚が被れて分厚くなっており、シワが何本もできていました。
手術は、目頭側に幅がある綺麗な平行型二重を作るために目頭切開を行い、二重まぶたミニ切開法で幅が広めの平行型二重を作ることになりました。
目頭切開は蒙古襞の形に合わせてZ法で行い、内側に約1.5mmずつ広げました。
二重まぶたミニ切開法は、蒙古襞を乗り越えるように幅が広めの二重を作り、平行型二重になるようにしました。
皮膚切除、眼窩内脂肪、ROOF切除はしていません。
術後は患者様の希望通りの幅が広めの平行型二重になり、満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後(目を開けた状態)です。
強い腫れがあります。

高須幹弥医師からのコメント

手術直後(目を閉じた状態)です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。

高須幹弥医師からのコメント

1週間後(目を閉じた状態)です。
翌日からアイメイクをすることができます。

3週間後

高須幹弥医師からのコメント

3週間後(目を開けた状態)です。
まだ腫れがあります。

高須幹弥医師からのコメント

3週間後(目を閉じた状態)です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(目を閉じた状態)です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る