二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

一重に戻ってしまう心配なし
ほんの少しの切開で、すっきりくっきりの二重に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作った20代女性の症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望されていました。
過去に埋没法をしていたのですが、かなり幅の広い平行型二重を作っていたので、埋没糸が緩み、希望よりかなり幅の狭い二重になっていました。
患者様は、アイラインを引いたり、付けまつ毛をしても、十分に二重だと分かるくらいの幅の広い二重希望されており、尚且つ、永久的に元に戻ったり、幅が狭くならない手術を希望されていたため、二重の手術はミニ切開法で行うことになりました。
また、なるべく目頭側の二重の幅が狭くならないようにしてほしいという御要望でした。
この患者様は、蒙古襞が斜め下方向に突っ張っており、幅の広い二重を作るだけだと、平行型になっても、目頭側の二重の幅が狭くなってしまうため、目頭切開も同時にすることになりました。
二重まぶたミニ切開法は、皮膚の切除は行わず、最小限の眼窩内脂肪を切除し、ROOFの切除は行いませんでした。
目頭切開はZ法に準じて行い、蒙古襞の突っ張りを解除して、目頭側の二重の幅が広くなるようにし、目が内側に1.5mmずつ大きくなるようにしました。
術後は、目を開けた状態で、十分に二重の幅が見え、アイラインを引いたり、付けまつ毛をしても、奥二重のようにならず、十分に二重の幅が見えるようになり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目頭切開+二重まぶたミニ切開法で幅の広い平行型二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強い腫れがあるので、予定よりだいぶ二重の幅が広いです。

高須幹弥医師からのコメント

手術直後の目を閉じた状態です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れていますが、翌日からアイメイクすることができます。

高須幹弥医師からのコメント

1週間後の目を閉じた状態です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
だいぶ大きな腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後の目を閉じた状態です。
腫れが引いた状態です。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
かなり腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後の目を閉じた状態です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る