二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

一重に戻ってしまう心配なし
ほんの少しの切開で、すっきりくっきりの二重に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、アイプチやアイテープ、メザイクなどを日常的にしているため、まぶたに何本もシワがあり、綺麗な二重になっていない状態でした。
患者様は幅広めの平行型二重を希望されていました。
何本もシワや二重のラインらしき線があるまぶたに二重まぶた埋没法をしても、綺麗な1本の二重のラインにならない可能性が高いため、切開法をすることをおすすめしました。
この患者様のまぶたは元々少し窪んでおり、眼窩内脂肪やROOFを切除する必要がないため、二重まぶたミニ切開法に準じて、2cm弱の切開で二重を作りました。
必要最小限の眼輪筋、瞼板前結合組織の切除を行うことにより内部処理を行って二重のラインを作りました。
皮膚の切除は行いませんでした。
術後は希望された通りの幅広めの平行型二重になり、1本の綺麗な二重のラインになったため、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
二重まぶたミニ切開法で、幅広めの平行型二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔の影響などにより強い腫れがありますが、必ずひくので心配ありません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れはあります。

4ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る