二重まぶた・
ミニ切開法(部分切開)

一重に戻ってしまう心配なし
ほんの少しの切開で、すっきりくっきりの二重に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
切開法で二重まぶたを作るとき、時間が経つと幅が狭くなるから幅を広めに設定したほうがいいですよね?
A
高須幹弥医師

二重まぶた全切開法でもミニ切開法でも、手術の上手な医者が正しい手術をした場合は、通常、手術後6ヶ月経過し、完全に腫れが引いて完成した後に、それ以上二重の幅が狭くなることはありません。

腫れが引いて完成した後、極端に痩せたり太ったりすれば、わずかに二重の幅が広くなったり狭くなったりすることは考えられます。

また、老化により、まぶたの皮膚が被さってきたり、目の上が窪んできたり、老人性眼瞼下垂が進行すれば、二重の幅が狭くなったり広くなったりすることは考えられます。

それらを除けば、正しい手術をした場合に、腫れが引いてから二重の幅が狭くなることはありません。

ただし、手術が上手ではない医者が稚拙な手術をした場合は、切開法であっても、埋没法のように、時間の経過と共に二重の幅が狭くなっていったり、二重のラインそのものがなくなってしまうことがあります。

本当に、二重まぶた切開法をして、完全に腫れが引いた後に二重の幅が狭くなった人がいるのなら、その人は高須クリニックではないクリニックで、稚拙な手術を受けた可能性があります。

あと考えられるのは、二重まぶた切開法を受けて、腫れていて二重の幅が広い状態のとき、その広い二重を気に入ってしまい、腫れが引いて完成した後に物足りなくなり、手術前に設定したデザインの幅より狭くなったと錯覚している人もいるかもしれません。

あるいは、カウンセリングのときや手術前に二重の幅を決めるとき、医者と患者の間で何らかの行き違いがあったことも考えられます。

重瞼棒で二重のラインを作って鏡で確認するときに、眉毛を上げていたり、鏡を自分の顔の正面ではなく下のほうに構えていたり、普通に目を開けていなくて弱めに目を開けていたりすれば、手術後に腫れが引いて、思ったより二重の幅が狭くなっているということも考えられます。

いずれにせよ、手術の上手な医者が正しい手術をした場合は、6ヶ月以上経過して完全に腫れが引いてから幅が狭くなることは通常ありません。

手術前に重瞼棒で二重のラインを作り、鏡で確認してもらった幅が、完全に腫れが引いて完成したときのラインです。

もし、希望のラインよりも幅の広いラインで設定して手術をすれば、完全に腫れが引いて完成したとき、当然、希望のラインよりも幅の広いラインで完成してしまいます。

高須クリニックの医者は、手術の上手なベテランの医者ばかりなので、手術前に二重のラインを確認するときは、希望のラインで設定すれば大丈夫です。

くれぐれも希望のラインよりも広いラインを要望しないようにしてくださいね。

Q
もともと二重なのですが、さらに二重の幅を広げる手術はできますか?
A
森本剛医師

はい、可能です。末広タイプや幅の狭い平行タイプから、幅の広い平行タイプにするといったことなどができます。埋没法では二重の幅を広くすると元に戻りやすいため、このミニ切開法または全切開法が適しています。まぶたの皮膚や脂肪がさほど厚くなければ、ミニ切開法でよいと思います。二重の幅が広いと華やかな目もとになり、アイメイクも存分に楽しめるので、検討してください。

Q
ミニ切開の手術後、いつからアイメイクできますか?
A
鵜飼潤医師

術後約1週間で行われる抜糸を終えれば、翌日からアイメイクをしていただいても結構です。マスカラ、アイライン、アイシャドー等のアイメイクは抜糸翌日以降とお考えください。アイメイク以外のお化粧については、手術直後からでも可能です。尚、シャワーや洗顔については創部がぬれなければ手術当日からできますので、日常生活に特に差しさわるようなことはないと思います。

Q
なぜ、ミニ切開法は全切開法と同じ料金なんですか?
A
谷奈保紀医師

当院のミニ切開法は全切開法と同じ内部処理を行うため、元に戻ることはありません。手術方式や技術、そして永久的ということも含めて共通部分が多いため、同額設定とさせていただいています。他院のミニ切開法は埋没法と同様に元に戻ってしまうことを前提に行うことが多いため、全切開法より部分切開法の料金を安くしていることがあります。

Q
5mmの部分切開で二重は作れますか?
A
奥田裕章医師

5mmの切開で二重をつくる事は可能ではありますが、その場合は二重のラインが浅くなってしまったり、元に戻ってしまう事が多いです。また、目を閉じた時にそこの傷だけ窪んでしまって傷が目立ってしまうことがあります。当院では1〜2cmの切開を行い、確実に元に戻らない二重を作り、また、目を閉じても傷がシワと同化して目立たない二重を作ります。

Q
ミニ切開と全切開はどう違うのですか?
A
高須幹弥医師

ミニ切開法は新しくつくる二重のラインに沿って1〜2cm切開して、余分な脂肪を除去し、内部処理を行い縫合して、永久に取れない二重を作る方法です。全切開は瞼の目頭側から目尻側まで切開するので3.5〜4cm程度切開します。ミニ切開と同様に余分な脂肪を除去し、内部処理を行い、永久に取れない二重を作ります。瞼がそれ程厚ぼったくない方にはミニ切開が適しています。ミニ切開の方が全切開に比べて傷が短いため腫れが少なく、回復も早いです。瞼が非常に厚ぼったい方や極端に幅の広い二重を望む方は全切開が適しています。そのような方はミニ切開では十分に余分な脂肪を除去出来なかったり、二重のラインが浅くなってしまいます。瞼の目頭側から目尻側にかけてしっかりと切開して十分に脂肪を除去して強固な内部処理が必要となります。カウンセリングで瞼の厚みや新しく作る二重の幅などを考慮してミニ切開が適しているか、全切開が適しているかを見極めます。

Q
海やプールにはいつから行っても大丈夫ですか?
A
日下志厳医師

海やプールなどは、抜糸の翌日から可能です。抜糸は、手術の約1週間後に行います。術後はアイメイクも控えていただきますが、こちらも抜糸を終えると可能となります。また個人差もありますが、ちょうど抜糸の頃には、術後の腫れも目立たなくなってくるはずです。楽しいご予定に合せて、手術スケジュールを検討してください。