他院で受けた美容整形外科手術の修正
(二重まぶた・目もと)

イメージしていた目と異なる…
そんなあなたの要望にお応えします。

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

修正のプロが、満足のいく目もとにリメイク。

美容整形には、高度な技術に加え、美しく仕上げるセンスが必要です。そのため、術後に不満をかかえてしまう方も多くいます。
高須クリニックには、経験を積んだ形成外科の専門医や修正手術のプロフェッショナルが多数おります。当院の技術とセンスなら、思い通りの目もとに修正することが可能です。

目の手術診察風景

施術料金

他院で受けた手術美容整形外科手術の修正 (二重まぶた・目もと)
診察にてご確認ください

【東京、横浜、名古屋、大阪】

症例のご紹介

他院で受けた目頭切開の修正(蒙古ひだ形成)

高須幹弥医師

離れていた目を寄せようと、他院で目頭切開をされたのですが、今度は目と目の間が狭くなり過ぎて寄り目になっていました。友人に「目がきつくなった」、「不自然」などと言われ、自分でも不満だったため、当院で修正してほしいというご希望でした。
目の内側にある蒙古ひだと呼ばれる皮膚を作り直して寄り目を解消。やさしい印象になったのでまわりからの反応もよく、とても満足されています。

その他の症例写真を見る

他院で受けた手術美容整形外科手術の修正についてよくあるご相談

他院で受けた手術についてのよくあるご相談をまとめました。
思ったほどの効果が出なかった場合や、新たに生まれてしまった悩みを、高須クリニックが解決します。

  • 二重まぶたの修正
  • 眼瞼下垂の修正
  • なみだ袋の修正
  • 目頭切開・目尻切開の修正
  • 垂れ目形成の修正
  • まぶたのたるみ取りの修正
【二重まぶたの修正】
Q
二重の幅が広くなり過ぎて、いかにも整形っぽい目に。もう少し狭く、自然にできますか?
A
日下志厳医師

埋没法の場合は、1年以内であれば、糸を抜いてしまえば簡単に元に戻るケースがほとんどですね。一旦元に戻してから、幅を調整して埋没法あるいは切開法の再施術を行えばいいでしょう。
切開して二重をつくった場合は、もう一度切開して皮膚を切除することで、幅を狭くすることができます。

Q
切開手術で二重にしたのですが、思ったより幅が狭かった。もっと広げられますか?
A
谷奈保紀医師

もう一度切開手術をすれば、可能な限り広げられます。
埋没法の場合は、あまり広くすると元に戻ってしまうことがあります。半永久的な二重を望むなら、やはり切開法がオススメですね。

Q
埋没法で平行型の二重を希望したのに、末広型に。再手術で、平行型にできますか?
A
奥田裕章医師

蒙古ひだが強く張っている場合は、目頭切開をすると平行型になる場合があります。二重の幅を広げることによって平行型を作れる場合もあり、その場合はもう一度、埋没法で幅広い二重をつくれば平行型になりますが、ミニ切開法や全切開法が適している場合もあります。人によっては、この両方をしたほうがよい場合も。まずは診察させていただいて、あなたに最適な方法を提案します。

Q
切開二重手術をしたら、目がきつい印象になりました。やさしい目もとに修正できますか?
A
日下志厳医師

恐らく、手術する前は、まぶたが重く目にかぶさっていて、目が開けづらかったので、無意識に眉毛を上げることによって目を見開いていて、目と眉の間の距離が離れていたのでしょう。
それが、二重の手術をしたことによって目が開け易くなり、眉毛を上げる必要がなくなったので、自然に眉毛が下がり、目と眉毛の距離が近くなったために、目がきつくなったのでしょう。
その場合は、目と眉の距離を広げると、目がやさしく見えるので、ウルセラ、サーマクール、ブローリフト、額リフトetc.の施術を行い、眉毛の位置を上げるのが良いでしょう。
また、眉が下がって目がきつくなるのは、眼瞼下垂手術の後にもみられますので、その場合も同じことがいえます。

Q
二重の形が左右で違うし、切開の傷跡も目立ちます。再手術できれいな二重になりますか?
A
日下志厳医師

もともと左右差のある目に、それを考慮せずに両方同じ手術をしたのか、ただ単に手術が稚拙だったために左右差が生じたかのどちらかが原因でしょう。傷跡についてもそうですが、医師の技術やセンスが稚拙だと、なかなか思った通りには仕上がりません。
左右差については、幅の広い方か、狭い方か、どちらかに合わせる場合は、片方だけの再手術を。場合によっては両方を手術して、バランスがとれるように調整していきます。
傷跡については、その状態によって、傷跡修正の手術をするなどして目立たなくする方法を提案させていただきます。

Q
埋没法をしたが、すぐに戻ってしまった。戻る心配のない二重にしたいのですが。
A
奥田裕章医師

まぶたの脂肪が厚い人や、幅広い二重にした場合、埋没法ではどうしても戻りやすくなってしまいます。こうしたケースでは、ミニ切開法あるいは全切開法を選ぶ方が確実です。
ただ、埋没法にも色々なやり方があり、医師の技術力の低さが原因ということも考えらえます。埋没法の再手術でも大丈夫か、それとも切開法がよいのか。当院では丁寧にカウンセリングを行い、決定いたします。

【眼瞼下垂の修正】
Q
保険適応で眼瞼下垂の手術を受けたのですが、二重の幅や形も左右差があるし、二重のラインもガタガタだし、傷もきたないし、思ってた結果と違いました。
A
日下志厳医師

健康保険での治療は、あくまで病気で苦しんでいる人のためのもの。目が開かなくて生活に困っている人のために、国民全員で積み立てた大事なお金を使って正常な状態に戻すための手術なので、一般の形成外科の先生や眼科の先生に罪はありません。美しくなるための眼瞼下垂の手術を望むのなら、美容外科で自費で手術を受けた方が良いのです。
当院では、単に目の開きを大きくするだけでなく、二重の幅や形への要望、さらには傷跡を目立たなくするといった細かな部分にも配慮し、美しい目もとをつくる手術を行います。当院では技術力の高い医師が揃っていますので、修正手術で理想の目もとを手に入れてください。

Q
目が開き過ぎるようになってしまいました。少し戻すことはできますか?
A
高須幹弥医師

恐らく、まぶたを開けるための筋肉である眼瞼挙筋を過度に短縮したことによって、目が開きすぎているのでしょう。
その場合は、短縮しすぎた眼瞼挙筋をゆるめて再調整することによって、ちょうどいい目の開き具合に修正できることが多いです。

Q
目の開きが足りないので、もっと大きくすることはできますか?
A
谷奈保紀医師

あなたの目の開きが限界なのか、まだ余裕があるのか、カウンセリングで判断します。余裕があるようなら再手術をして、ご希望の開きに近づけていくことができます。

Q
目の開きに左右差があり、希望通りの二重になっていないのですが…。
A
日下志厳医師

目の開き具合に大きく関係する眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の短縮量に左右差があるのかもしれませんね。
大きく開いている方か、小さい方か、どちらかに合わせる場合は、片方だけの再手術を。場合によっては両方を手術して、バランスがとれるように調整していきます。
二重については、新たにつくり治すことで解決できます。

【なみだ袋の修正】
Q
なみだ袋にヒアルロン酸を注入しましたが、凹凸に。しこりもあるようです。
A
高須幹弥医師

なみだ袋の形成には、高い技術高須の技術が必要です。ヒアルロン酸を入れすぎると膨らんでクマのように見えてしまうことがあります。また、なみだ袋専用のやわらかいヒアルロン酸を使用しないと、凹凸やしこりができやすいのです。もしかすると、専用ではないものや粗悪なものを注入されてしまったのかもしれませんね。
ヒアルロン酸はやがて吸収されるので、数ヶ月もすれば凹凸やしこりもおさまってくるでしょう。それが待てないという場合は、ヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼを打てば2〜3日での元の状態へ。その後、もう一度なみだ袋形成をご希望なら、再注入を行います。
当院では、なみだ袋専用の長期持続・高品質なヒアルロン酸を極細の針で丁寧に注入。鏡で確認していただきながら施術するので、思い通りの美しい仕上がりになりますよ。

【目頭切開・目尻切開の修正】
Q
せっかく手術したのに、ほとんど変わっていません。
A
高須幹弥医師

目頭切開も目尻切開も、技術のある医師が正しい手術をしっかりやれば結果の出る手術です。特に目頭切開の場合は、一目瞭然のはずなのですが。当院で修正手術をすれば、ご希望通りの目の大きさにできる可能性は高いですよ。

Q
目頭切開の手術で目が内側に寄り過ぎ、目がきつくなってしまったので、元に戻したいのですが…。
A
日下志厳医師

皮膚を切除していない場合は、蒙古ひだ形成をすれば、ほぼ元通りになるでしょう。もし皮膚を切除していたとしても、ある程度は元に戻せるので、まずはカウンセリングにいらしてください。

【垂れ目形成の修正】
Q
かわいい垂れ目にしたかったのに、ほとんど変わりませんでした。
A
日下志厳医師

垂れ目形成はとても技術の必要な手術で、上手にやらないとほとんど効果が出ないことがあります。また、目尻を下げ過ぎると元に戻せないという点でも難しい手術といえます。 当院に任せていただければ、どれくらい下げると可愛らしい目もとになるかを考えて、修正手術をさせていただきます。

【まぶたのたるみ取りの修正】
Q
たるみを取ったのに、まだたるんでいます。もっとしっかり、取れますか?
A
高須克弥医師

たるみを取り切れていないなら、再度手術をすればすっきりするでしょう。ただ、まぶたのたるみというのは、額や眉が下がってきているために起こっている場合もあります。しっかり目もとのたるみを改善したいなら、額リフトやブローリフトをオススメします。こうしたメスを入れる手術をしたくないなら、サーマクールやウルセラという方法もありますよ。