垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

目ヂカラがあるのにふんわりやさしい
誰にも愛される癒し系の目もとへ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶた全切開法+タレ目整形(グラマラスライン)症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、切開法で永久に取れない二重を作ることと、つり目でキツい印象を治したいということでした。
過去に二重まぶた埋没法やアイプチ、アイテープ、メザイクなどを繰り返していたため、まぶたの皮膚がシワシワになって、二重のラインらしき線が何本もでき、不自然になっていました。
二重まぶた全切開法を行い、同時にタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を行いました。
二重まぶた全切開法は、アイプチでできたと思われる一番上のラインで切開し、切開ラインよりしたの皮膚を剥離し、内部処理を行うことにより、作る二重のラインの下のラインが消えるようにしました。
入っていた埋没法の糸は全て抜糸しました。
皮膚の切除や眼窩内脂肪、ROOFの脂肪取りはしていません。
タレ目形成は、下まぶたの外側を約2mm下がるようにしました。
完全なタレ目にはなっていませんが、目が大きくなって、つり目のキツい印象が和らいでいます。
タレ目形成でこれ以上下まぶたを下げると、外反してアカンベーの状態になったり、下三白眼になって不自然になることがあります。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
二重まぶた全切開法+タレ目整形(グラマラスライン)をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
強く腫れています。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。

高須幹弥医師からのコメント

1週間後の目を閉じた状態です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
まだ少し腫れがあります。

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後の目を閉じた状態です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後の目を閉じた状態です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る