垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

目ヂカラがあるのにふんわりやさしい
誰にも愛される癒し系の目もとへ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)で目を一回り大きくした男性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、以前に私が二重まぶた全切開法と目頭切開させていただいてました。
その後、「もっと目を大きくしたい」というご要望で来院されました。
もっと目頭を切開して目を内側に大きくすることや、眼瞼下垂手術をしてまぶたの開きを良くすることもできなくはありませんが、それらの手術をすると、今よりキツい目になってしまいます。
また、「つり目を改善させたい」というご要望もあったので、目尻切開で目を外側に広げ、同時にタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を行い、下まぶたの外側を下に広げて更に目を大きくすることになりました。
目尻切開はW法に準じて目尻を小さくジグザグに切開し、目尻を約1.5mm広げ(この患者様の目尻は約1.5mm広げるのが最大限でした)、外側に広がった分は上下にも広がって更に目が大きくなるようにしました。
タレ目形成は、下まぶたの外側が約2mm下がるようにし、下がったことによって生じた余分な皮膚を切除して縫合しました(これ以上下げると、黒目の下の白目が見え下三泊眼になる、外反して粘膜が見えアカンベーの状態になる、ドライアイになるなどの合併症、副作用がでるため、自然な範囲内、安全な範囲内で最大限下げました)。
手術後は、自然な範囲内、安全な範囲内でほどよく目が大きくなり、また、ややつり目が解消したためはっきりとした印象の目になり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目尻切開とタレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
目尻と下まぶたのまつ毛の生え際ぎりぎりのラインに縫合した糸がついています。
1週間後に抜糸をします。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る