二重まぶた・全切開法

腫れぼったさも同時に解消
涼やかな二重を目指す人に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りで目の印象を変えた症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
After(メイクあり)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、全体的に目を大きくして、印象を変えたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、二重に関しては、目を開けた状態でそこそこ二重の幅が見える状態でした。
蒙古襞はほとんど発達しておらず、涙丘(目頭側の赤い粘膜の盛り上っている部分)がはっきりと見えており、目と目の間隔は広くありませんでした。
全体的に目が細く、ややつり目気味でした。
また、下まぶたに眼窩内脂肪が張り出しており、目の下のクマを強調させていました。
手術は、二重まぶた全切開法、目尻切開、タレ目形成(グラマラスライン)、目の下脂肪取りの4つをすることになりました。
目と目の間隔は広くなく、蒙古襞も発達していなかったので、目頭切開はする必要はありませんでした。
二重まぶた全切開法で、二重の幅を少し広げ、華やかな目元になるようにしました。
元々蒙古襞が張っていなかったため、必然的に平行型の二重になりました。
アイラインを引いたりつけまつ毛をしても、はっきりと二重だとわかるようになりました。
目尻切開はW字切開の内田法に準じたデザインで行い、最大限広げた結果、約2mm程度広がり、外側に広がった分は上下にも広がるようにしました。
タレ目形成(グラマラスライン)は、下三白眼にならないように黒目の真下の下まぶたは下げず、黒目の外側のみ約2mm下げるようにしました(安全な範囲、自然な範囲内で約2mmが最大限でした)。
タレ目形成の際、余分な下まぶたの皮膚は切除し、ついでに下まぶたの眼窩内脂肪を適量除去しました。
術後は、目が一回り大きくなって、つり目が解消し、全体的に華やかな目元になりました。
また、すっぴんでも化粧をしても悪くなく、患者様には大変満足していただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
二重まぶた全切開法+目尻切開+タレ目形成(グラマラスライン)+目の下脂肪取りを同時にすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。

高須幹弥医師からのコメント

手術直後(目を閉じた状態)です。

2週間後

高須幹弥医師からのコメント

2週間後(目を開けた状態)です。
だいぶ腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

2週間後(目を閉じた状態)です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後(目を開けた状態)です。
更に腫れは引きました。

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後(目を閉じた状態)です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(目を閉じた状態)です。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後のアイメイクした状態です。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る