二重まぶた・全切開法

腫れぼったさも同時に解消
涼やかな二重を目指す人に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶた埋没法と同じラインで全切開法をした症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた切開法を希望されていました。
この患者様は、以前に埋没法を受けており、最近、糸が緩んできて、ラインが安定しないので、切開法で安定した二重を作りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、埋没法の二重は完全にはとれていませんでしたが、長い年月をかけて糸が緩んできて、はっきりとした二重になっておらず、二重のラインの下の皮膚、組織がたるんでおり、少し眠そうな印象をしていました。
患者様は、「今とあまり印象を変えないように、今よりはっきりとした綺麗な二重にしたい」というご要望でしたので、埋没法の糸を留めていた位置とほぼ同じラインで、二重まぶた全切開法をすることになりました。
皮膚を切開し、切開線からまつ毛側の眼輪筋はなるべく切除しないようにしました。
眼窩隔膜を端から端まで切開し、眼窩隔膜と挙筋腱膜の移行部を切除して、瞼板とミューラー筋を露出させました。
眼窩内脂肪は余分な量だけ切除し、ROOF(眼輪筋下脂肪)は切除しませんでした。
皮膚を縫合する際、ミューラー筋にアンカリングするように4針均等な幅で縫合し、その間は皮膚同士のみで縫合しました。
術後は術前に比べ、はっきりした綺麗な二重になりました。
過去に埋没法をして、糸が緩んできてラインがはっきりしていない場合、埋没法と同じラインで切開法をすると、はっきりした綺麗な二重のラインになります。
また、眼窩内脂肪などの余分な脂肪を取り除くため、同じラインで二重を作る場合、埋没法よりも切開法のほうが、まぶたの厚みを減らすことができる分、すっきりした二重になることが多いです。
「埋没法と切開法では、二重のラインの食い込みに差はありますか?」という質問をされる方が時々いらっしゃいますが、私の手術に関しては、この患者様のように、その人に合った、一番自然で似合った二重を作る場合、埋没法をして、2~3ヶ月後の腫れが完全に引いて、糸が緩んでいない状態の二重が、二重まぶた切開法をして、6ヶ月以上経過し、完全に腫れが引いた状態の二重のラインとほぼ同じくらいの食い込みになることが多いです。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
以前に二重まぶた埋没法を受けています。
時間の経過と共に糸が緩んできて、ラインがはっきりしない二重になっていました。
埋没法をしたラインと同じラインで全切開法をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射の影響もあり、強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

6日後

高須幹弥医師からのコメント

6日後です。
抜糸をしました。
少し内出血が出ていますが、あと1週間くらいでほとんど引いてしまいます。

3週間後

高須幹弥医師からのコメント

3週間後です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかに腫れは残っています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る