二重まぶた・全切開法

腫れぼったさも同時に解消
涼やかな二重を目指す人に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

高須のこだわり

[埋没法をお考えの方へ]
最高の仕上がりのために、施術法は適切に選択

当院の埋没法(クイック二重術)は、特殊な技術と特許取得の極細専用手術糸を使うため、一般的に行われている埋没法より取れにくいことが特徴ですが、体質や、ご本人の癖、そして、仕上がりのご希望によっては、短期間で取れてしまう場合がありますので、他の施術をお勧めすることがあります。

以下の項目に該当する方は、「ミニ切開法 (部分切開)」「全切開法」をご検討ください。

埋没法をしても元に戻りやすいタイプ

  • ・まぶたに脂肪がつき腫れぼったい
  • ・目を開ける力が弱い
  • ・まぶたの皮膚が厚い
  • ・アトピーや花粉症などでよく目をこする
  • ・幅広い二重を望んでいる(二重ラインが目を閉じた状態でまつ毛から7ミリ以上)

理想の二重まぶたへ。安心して、任せられる

手術の前に「理想の二重の形」に向けて、じっくりとカウンセリングを行います。腫れぼったいまぶたの脂肪をすっきり取り去るのはもちろん、二重のデザインも末広型や平行型と自由自在。幅の狭い二重を広くすることも、狭くすることも、末広型を並行型にすることもできます。

必要があれば脂肪を除去する

重瞼棒によるシミュレーションの様子

術中も術後も快適に

点眼薬とクリームによる麻酔、そして極細の針による注射で局所麻酔をしますので、術中の痛みは少なくて済みます。縫合も二重のヒダに沿って特殊な極細糸を使用して行うので、傷跡が目立たず仕上がりはとても自然。術後の腫れや痛みもわずかで、手術当日からシャワーもOKです。

手術後は、痛み止めの内服薬や座薬を処方しています。

▼処方する痛み止めの種類とよくある質問
美容整形手術後の自宅疼痛管理

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

リーズナブルに、すっきりとした二重に

埋没法の糸が入っている方は、可能な限り抜糸。まぶたの脂肪を取る必要がある場合は、同時に取って仕上げます。どちらも追加料金はいただきません。