上まぶたたるみ取り

老け顔なんて言わせない
たるみなしの目もとで、5歳若返る

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)で目を大きくして二重の幅を広げた中国人女性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代の中国人女性の患者様で、目を大きくして、目元を若返らせたいというご要望でした。
以前に中国で二重まぶたの手術をしたことがあるとのことで、まぶたの二重のラインに目立たない傷がありましたが、手術の詳細は不明でした。患者様は二重の幅を広げたいともおっしゃっていたのですが、まずまずの二重の手術がされていたので、新たに二重のラインで切開するのではなく、眉下切開で皮膚を切除して上眼瞼リフトをすることになりました。
眉をはアートメイクが入れられていたので、アートメイクの下縁に沿って切開しました。
特に老化の原因になっている外側のたるみが上がるように、外側の皮膚のたるみを多めに切除しました。
術後はまぶたの被さりが上がり、二重の幅が広がって、目が大きく見えるようになりました。
アートメイクの下縁で切開したため、傷跡はほとんどわからなくなり、患者様も、「目が開けやすくなった」とおっしゃり、大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
眉下の切開で余分な皮膚のたるみを切除する上眼瞼リフトをすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
麻酔の影響などで強く腫れています。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
すでに大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
完全に腫れは引き、完成しています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る