あご形成(シリコンプロテーゼ)

引っ込んだあごを前に出せば
理想の横顔バランスに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

エラボトックス+頬顎イタリアンメソシェイプ+顎シリコンプロテーゼ症例写真

ビフォー・アフター

Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、全体的に小顔にして、シャープな輪郭になりたいという御要望でした。
この方の顔が大きい原因は、

  • 頬骨とエラ骨が張っていること
  • エラの筋肉が発達していること
  • 頬、顎、フェイスライン、首に皮下脂肪がついていること
です。
この方の希望は、骨を切ったり削ったりするような大掛かりな手術をすることなく小顔にしたいということだったので、頬、顎、フェイスライン、首の皮下脂肪にイタリアンメソシェイプ、エラの筋肉にエラボトックス・ボツリヌストキシンをしました。
イタリアンメソシェイプは計3回行いました。
顎先が丸かったため、よりシャープな輪郭を作るため、約6mmの厚みの先端がやや尖ったシリコンプロテーゼを入れました。
術後はエラから顎先にかけて全体的にシャープな輪郭になりました。
骨切りなどの大掛かりで高額でリスクの高い手術をしなくても、複数の治療を組み合わせれば、この程度顔を小さくすることは可能です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る