あご骨削り

長い&突き出たあごを修正
横からの視線も、もう怖くない

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

あご骨削りの特徴

あごは顔全体の印象を決定づけるキーポイント。長過ぎるあごや、突き出たあごは、ほかがどんなに整っていても、あごの印象ばかりが強調されがちです。
『あご骨削り』の手術は、傷が目立たない口の内側の歯茎の下の部分を切開し、余分なあごの骨を削り取るというもの。術後、一時的な腫れは生じますが、顔全体の印象が確実に変わり、上品な顔立ちへと生まれ変わることができます。また、「口が尖って見える」場合も、あごを整えるだけで、目立たなくすることができます。

輪郭の手術診察風景

口腔内を切開するので傷跡は目立ちません

施術料金

あご骨削り
¥1,000,000〜1,500,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

こんな方にオススメ!
  • あごが長過ぎる
  • あごが突き出ている
  • 口が尖って見える
  • 半永久的な効果を望んでいる

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約2時間
術後の通院 1〜2回
術後の腫れ 2〜4週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 不可能
入院の必要性 約3日間
麻酔 全身麻酔

リスク・副作用・合併症について

腫れ、痛み、痺れ、知覚麻痺、窒息について

アゴ削り、エラ削り、頬骨削りなどの輪郭形成手術は、全身麻酔下に行う大掛かりな手術であり、様々なリスク、副作用、合併症があります。
主なリスクは、
1.術後の腫れ、痛み
2.術後の痺れ、知覚麻痺
3.気道閉塞による窒息
です。
1に関しては、アゴ削り、エラ削り、頬骨削りは顔面の骨を大きく削る手術であるため、術後の腫れや痛みは強くでてしまいます。
おたふく風邪ほどの強い腫れは1〜2ヶ月程度続き、完全に腫れが引くのには6ヶ月間かかります。
また、輪郭の骨を削った後は非常に強い痛みを伴います。
術後3ヶ月程度は食事したりしゃべったりするだけでも強い痛みがあります。
2に関しては、輪郭形成手術をする場合、どうしても削る骨の近くを走る神経を傷つけることがあるので、術後に痺れや知覚麻痺を残す可能性があります。アゴ削り、エラ削りの場合はオトガイ神経、頬骨削りの場合は眼窩下神経という知覚神経を傷つける可能性があります。
術後はほぼ100%の人は痺れや麻痺が生じますが、半数程度の人は6ヶ月程でほぼ回復します。
残りの半数の人は程度の差はあれ、痺れや麻痺が永久に残ってしまいます。
3に関しては、特にアゴ削り、エラ削りは術後に気道周囲の腫れが強く出るため、気道が閉塞して呼吸ができなってしまうことが稀にあります。
その場合、手術当日に起こることがほとんどなので、術後1〜2日間は必ず医師が常駐している施設に入院する必要があります。
医師が常駐している施設に入院していれば、万が一術後に窒息しても、緊急で医師が気管内挿管などを行い、事故を防ぐことができます。
このように、アゴ削り、エラ削り、頬骨削りなどの輪郭形成手術には様々なリスク、副作用、合併症があるため、小顔希望の患者様は、まず、エラボトックス・ボツリヌストキシン、イタリアンメソシェイプ、ウルセラなどの比較的リスクの低い治療を行い、それでも満足できない場合にリスクを覚悟の上で輪郭形成手術に踏み切るのがよいです。

ドクターズボイス

高須幹弥医師

長く突き出たあごは、顔全体が長く大きな印象を与えてしまいます。余分な骨を削るのが最適な方法ですが、顔が痩せている人などは、あごを削った後に頬をふっくらさせると、より整ったメリハリ顔に変身できます。当院では、あなたが大満足する色々な方法をご提案しています。