エラボトックス・ボツリヌストキシン注射(プチ小顔術)

注射1本の気軽さで
エラの張りを自然に改善

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

イタリアンリフトファイン+エラボトックス注射で肌の張りを出して、顔を引き締めて小顔にした20代後半女性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代後半の女性患者様で、顔全体の肌の張りを出して、若返りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、加齢によって、顔の肌の張りがなくなってきており、小じわやたるみが出てきていました。
また、エラの筋肉が発達しているため、それによって、顔の下半分の横幅が広くなり、頬のたるみを強調させていました。
ミニリフトやフルフェイスリフトなどの切る治療はまだしたくないというご要望だったので、顔全体にイタリアンリフトファインをすることになりました。
また、顔の下半分の横幅を小さくし、輪郭をシャープにするために、エラにボトックス(ボツリヌストキシン)注射をすることになりました。
術後6ヶ月の時点では、顔全体の肌の張りが出て、引き締まり、小じわや毛穴の開きも目立たなくなりました。
また、エラボツリヌス(ボツリヌストキシン)注射の効果で、フェイスラインが引き締まり、イタリアンリフトファインとの相乗効果で、更に若返りました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る