エラボトックス・ボツリヌストキシン注射(プチ小顔術)

注射1本の気軽さで
エラの張りを自然に改善

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

エラボトックス注射でほっそりした小顔になった女性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、小顔希望で来院されました。
診察させていただいたところ、正面から見た状態でエラが横に張っていました。
この患者様のエラが張っている原因は、骨の発達によるものと筋肉(咬筋)の発達によるものであり、骨:筋肉が3:7くらいの割合でした。
筋肉によるものが圧倒的に大きいため、まずはエラボトックス注射をすることになりました。
注射後は、エラの筋肉が程よく萎縮し、エラの張りが目立たなくなり、正面から見たときの顔のした1/3の横幅がかなり小さくなりました。
更にエラの張りを小さくするためには、残りのエラは骨によるものなので、エラ削りをする必要がありますが、患者様はエラボトックスだけで十分満足されました。
エラが張っている人の治療は、その人のエラの張りが骨によるものなのか、筋肉によるものなのかを見極め、エラ削りかエラボトックスのどちらか、あるいは両方をすることになります。
ほとんどの人は骨によるものよりも筋肉によるもののほうが大きいので、まずエラボトックスをすることが多いです。

術後の経過

注射前

高須幹弥医師からのコメント

注射前です。
エラの筋肉が横に張っています。
エラにボトックス注射をすることになりました。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
まだあまり効果は見られません。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
だいぶ細くなりました。

4ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

4ヶ月後です。
まだ細さを維持しています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る