二重あご解消

人それぞれの原因にジャストフィット
シャープなあごへの近道を

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

二重あご解消の特徴

顔の悩みの中でも多いのが、「二重あご」。男女問わず年齢を重ねるほどに深刻化していきますが、中には若い世代でも悩みを抱えている方がいらっしゃいます。 二重あごになる原因は多くあるため、解消法も多岐に渡ります。高須クリニックでは、一人一人の状態を見極め、その方にジャストフィットの治療をご提案します。

施術料金

二重あご解消
あご形成
シリコンプロテーゼ
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥350,000
あご注射
ヒアルロン酸
【全院】
¥50,000
あご注射
長期持続型ヒアルロン酸
【全院】
¥150,000
あご注射
長期持続型ヒアルロン酸注射シャープラインジョウ
【全院】
¥150,000
脂肪吸引
あご
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥280,000
小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス
あご下〜フェイスライン1回
【全院】
¥60,000
イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射
あご下〜フェイスライン1回
【全院】

※顔の場合は、1〜3回程度で十分な効果が出ます。

¥60,000
フルフェイスリフト
頬・アゴ
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥1,200,000
ミディアムリフト
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥900,000
ミニリフト
(頬のたるみ取り)
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥600,000
イタリアンリフト®
1本
【全院】
¥100,000
イタリアンリフト®
6本
【全院】
¥600,000
イタリアンリフトファイン
顔全体(額、コメカミ、目尻、目の下、頬)
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥300,000
イタリアンリフトファイン
首全体
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥300,000
ウルセラシステム
あごの裏〜首の上部
【名古屋、栄】
¥300,000
ウルセラシステム
顔全体(側頭部〜コメカミ、目じり、目の下、頬)とあごの裏〜首の上部
【全院】
¥600,000
サーマクールCPT
顔全体
【東京、横浜、名古屋、大阪】
¥300,000
サーマクールCPT
顔全体2回目
【東京、横浜、名古屋、大阪】

6ヶ月〜1年以内に2回目を施術した場合

¥200,000

二重あごの原因とは?

  1. 1骨格によるもの
  2. 2皮下脂肪によるもの
  3. 3皮膚のたるみによるもの
  4. 4むくみによるもの

ほとんどの二重あごは(1)骨格(2)皮下脂肪(3)たるみの原因を併せ持っており、(4)のむくみが加わると、さらに二重あごが酷くなります。

4つの原因の中でも最も大きなのは「骨格」

  • ・下あごが小さいまたは引っ込んでいる
  • ・おとがい(下あごの先端)・舌骨(のど仏の上にあるあごや首の多くの筋肉が付着する骨)からつながる首への角度が大きい

脂肪や筋肉、皮膚を支える骨がないことで、脂肪が落ちやすく溜まりやすく、皮膚もたるみやすくなるため、二重あごになりやすい。
※逆にあごが大きく出ていて舌骨が奥の方にある人、さらにはエラが張っていると、骨がストッパーになるため、二重あごになりにくい。

この骨格的な要素に加え

  • ・太ってあごやフェイスライン、首に皮下脂肪がつく。
  • ・加齢によって皮膚がたるむ。
  • ・朝起きたとき、体調が悪いときなどのむくみ。

どんどん二重あごが酷くなっていく!

原因別の解消法

1骨格によるもの

「ヒアルロン酸注射」または「シリコンプロテーゼ」によって、引っ込んでいるあごを前方または斜め下方に出す。これによって、おとがいから舌骨の間の筋肉・脂肪・皮膚のたわみが解消し、二重あごも改善する。

POINT

  • ヒアルロン酸注射よりシリコンプロテーゼのほうがより大きくあごを出すことができる。但し、あごを出し過ぎると顔が長くなるので要注意。
  • どちらの治療でも舌骨の位置は変えられないため、舌骨の位置が下にある人は完全に二重あごが治ることはなく、ある程度の改善にとどまる。

2皮下脂肪によるもの

大量に脂肪がついている場合→「脂肪吸引」
脂肪の量が少なく皮膚が薄い場合→「小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス」

POINT

  • 少ない脂肪を無理やり脂肪吸引で取ると皮膚が凸凹になってしまうことがある。
  • 脂肪が多いけれど脂肪吸引はしたくないという場合は、メソシェイプフェイスを繰り返すという選択もあり。

3皮膚のたるみによるもの

たるみの程度やダウンタイムなどによって「切る手術」「糸のリフト」「照射系治療」から選択。

効果
切る手術
フルフェイスリフト、セルビコプラスティ(おとがいの下での皮膚切除) ミディアムリフト、ミニリフト
糸のリフト
イタリアンリフト(たるみを持ち上げる) イタリアンリフトファイン(皮膚を引き締める)
照射系
ウルセラ(皮膚・筋肉を引き締める) サーマクール(皮膚を引き締める)

POINT

  • たるみが大きな場合は、やはり手術による治療の効果が大。
  • メスを入れたくないなら、糸のリフトと照射系を組み合わせるなどの選択も。
こんな方にオススメ!
  • 年を重ねるごとに二重あごが酷くなっている
  • ブルドックのようなフェイスラインをなんとかしたい
  • 小顔になりたい
  • 効果的に二重あごを解消したい

症例のご紹介

二重あご解消

Before

After

高須幹弥医師

30代の女性です。頬からあごにかけて脂肪がたっぷりついていたために、二重あごになり、10歳以上年上に見られていました。余分な脂肪を取り除いたことで、フェイスラインがすっきりclass="no-display">若々しく美しくなりました。
顔に脂肪が多い方の場合、フェイスリフトなどでしわやたるみを取り除くより、脂肪吸引のほうが若返りビューティー効果が高いこともあります。脂肪吸引だと顔が引き締まって小顔になる効果があるのも魅力ですね。

その他の症例写真を見る

ドクターズボイス

森本剛医師

二重あごの最も大きな原因は、骨格によるもの。多くの場合はこれを解決するのが一番ですが、骨格より他の原因のほうが大きい方もいらっしゃいます。
高須クリニックでは丁寧なカウンセリングと診察で、最も効果を実感できる治療をご提案。ダウンタイムなどのご希望も考慮し、見た目も気持ちもご満足いただける施術を行います。