刺青(タトゥー)除去

色や大きさによって最適な方法を
広範囲の入れ墨もすっきりきれいに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

バストの上の入れ墨を1回で切除縫縮手術した症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、バストの上の入れ墨を除去したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、プロが入れた入れ墨で、色は黒一色ですが、濃い色素が深い層までしっかりと入れられていました。
これくらい濃い色素が深い層まで入っていると、レーザー治療では、繰り返し照射することによって、多少色を薄くすることはできますが、完全に除去することはできません。
切除縫縮手術、剥削手術、皮膚移植手術などの外科的手術で完全に除去することができます。
入れ墨の形、大きさ、皮膚のゆとりから考えて、切除縫縮手術することが可能であり、ぎりぎり何とか1回で切除縫縮することができるので、切除縫縮手術をすることになりました。
術後は線状の傷跡が残りましたが、入れ墨は完全に除去され、必要最小限の傷跡ですんだため、この入れ墨に関しては、この方法が最も適切であったと思います。


  • 切除した入れ墨

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
1回で切除縫縮手術することになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
入れ墨を完全に除去することができました。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
まだ傷跡の赤みがあります。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
まだ傷跡の赤みがあります。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
まだ傷跡の赤みがあります。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る