亀頭増大術

わずか10分・注射1本で
太く、硬く、ハリのあるペニスへ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
ペニスの手術を受けた後、勃起力(硬さや持続力)が前より弱くなることはありますでしょうか?
A
奥田裕章医師

ペニスの手術を受けた後、勃起力(硬さや持続力)が弱まるなどというようなことは一切ありませんので、ご安心ください。むしろ、これまでの包茎などの悩みが解消されて自信がつくことにより、勃起力がアップする方が多くなります。一日でも早く手術を受けて悩みを解消し、自信の持てるセックスライフを楽しんでください。

Q
どのくらい大きくなりますか?
A
服部良光医師

ご希望がどのくらいかによって、注入するヒアルロン酸の本数も変わってきますが、多く打ちすぎることで皮膚に負担がかかってしまいます。そのため状態に合わせて、負担がかからない程度の本数をお勧めしています。
亀頭の真ん中に注射を行って大きくする場合は、たくさんの本数が必要となってしまいます。
そのため通常は1〜2本を亀頭部分に行いますが、少ない本数で大きく見せるためにカリ部分に打つことで一周り大きくなり効果的です。

Q
早漏にも効果があるというのは本当ですか?
A
奥田裕章医師

亀頭にヒアルロン酸を注入することで、外部からの刺激にも強くなるため、早漏も改善されます。ハリと硬さ、大きさが増すだけでなく長い時間のセックスを楽しめるようになるため、総合的なペニスのパワーアップ治療と考えていただいていいでしょう。さらには注射1本で完了する手軽さもあり、リピーターの多い人気の施術となっています。

Q
包茎の状態を改善する事ができますか?
A
日下志厳医師

軽度の包茎の場合であれば、亀頭部分に包皮が被りにくい状態を作ることは可能です。ですが、根本的には余った皮膚はそのままのため、重度の包茎ではあまり改善されません。包茎の場合は、やはり永久的な改善治療をまず行い、術後落ち着いて状態を見てからヒアルロン酸注入による亀頭増大術を検討されることをお勧めいたします。

Q
ヒアルロン酸注射は、痛くありませんか?
A
谷奈保紀医師

亀頭は敏感な部分ですが、事前に陰茎の根本の皮膚に局所麻酔をしますので、術中の痛みは心配ありません。麻酔は注射で行いますが、極細の針を使用しますので、極わずかと思っていただいていいでしょう。ヒアルロン酸は元々体内にある成分で安心ですし、治療はほんの10分ほどで終了し、術後の痛みもなくはれも極わずかなものです。早く悩みを解決して、良好なセックスライフを楽しんでください。

Q
なぜ術後1週間しないと性交できないのですか?
A
服部良光医師

ヒアルロン酸を注射した部分は、注射針の小さな傷がついている状態になります。そして、わすかではありますが腫れをともない、内出血していることも考えられます。性交やマスターベ―ションをすると、傷口から雑菌が入る可能性があります。また強い刺激を受けることで、腫れが長引くことも考えられます。こうしたことから、術後1週間程度は控えていただくようお願いしております。

Q
術後に何か気をつけることはありますか?
A
日下志厳医師

術後1週間の間は性交およびマスターべションを控えていただく必要がありますが、施術当日からシャワーも可能ですし、日常生活に特に支障はありません。但し、内出血をしている可能性もありますので、念のため1〜2日は長湯や飲酒、激しい運動は控えていただく方がよいとは思います。術後1週間後のパワーアップしたセックスライフを楽しみに、お待ちください。