パイプカット

女性の避妊手術より断然簡単
妊娠の不安や避妊のわずらわしさから開放

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
射精できますか?感覚に影響ありますか?
A
服部良光医師

精液は、これまでと同じように出ます。パイプカットの手術は、精液の中に精子が含まれなくなるというだけで、射精感覚には変化はありませんので、どうぞご安心ください。尚、術後腫れが引くまでの間は性交渉をお控えいただき、その後、精液検査で精子の消滅が確認されるまでは、コンドームなどの避妊用具のご利用をお勧めしています。

Q
パイプカットを受けると勃起が弱くなりますか?
A
高須克弥医師

精巣では、精子と男性ホルモンを作っています。パイプカットの手術では精子の通る道をカットしますが、勃起機能に関係するホルモンの流れる動静脈は触りません。そのため、勃起機能は変わりませんので、ご安心ください。妊娠の心配がなくなり、避妊のわずらわしさから解放されるため、むしろ勃起力が高まることも多いようです。

Q
術後いつから性生活可能ですか?またどのくらいで精子は含まれなくなりますか?
A
高須幹弥医師

性生活については、術後の腫れが引きましたら可能となります。多少の個人差はありますが、1週間後くらいからと思っていただければいいでしょう。精子の消失についても個人差はありますが、術後15回程度の射精が目安です。ごく微量ですが精子が含まれる可能性もあるため、精液検査で精子の消失が確認出来るまではコンドーム等の避妊具を利用してください。

Q
傷跡は目立ちますか?
A
服部良光医師

傷跡は、1〜2cm程度となります。精管を遮断するために切開する陰嚢(睾丸を包んでいる部分)の皮膚はしわが多いので、もともと傷が目立ちにくい箇所です。また、縫合には傷の治りが早い溶ける糸を使用し、さらにできるだけ傷跡がきれいに治るよう丁寧に縫い合わせます。他人がパッと見てすぐにわかる心配は、まずないと思われます。

Q
今独身ですが手術は受けられますか?
A
高須幹弥医師

この手術は一度お受けいただくことで、精子を含んだ精液を射精することは生涯困難と思って頂いたほうがよいです。
独身の方でも手術を行うことは可能ですが、後悔がないよう十分ご検討頂いてから行います。
なお既婚者の方の場合は、必ず手術をお受けいただくことに対する配偶者(奥さま)による承諾書の持参が必要となります。

Q
以前パイプカットの手術を受けましたが、子供がほしくなりました。元の状態に戻すことはできますか?
A
高須克弥医師

一度切断した精管を繋ぐ手術はありますが、当院では行っておりません。とても難しい手術で、成功率が100%ではないため、患者様にご満足いただけない結果になることも多いからです。このため当院では、パイプカット手術の前にご本人はもちろん配偶者を含めて何度も意思確認を行っています。申し訳ありませんが、ご了承ください。