鼻翼縮小(小鼻縮小)

気になる鼻の穴を小さく見せて
やさしさあふれる印象に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

鼻骨切り幅寄せ+小鼻(鼻翼)縮小で、大きく横に広がっている鼻を細くして鼻筋を通した症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、横に広がっている太い鼻を気にされていました。
診察させていただいたところ、鼻の骨の部分(鼻骨、上顎骨)が横に広がっており、鼻が太く、大きく見えていました。
また、小鼻も少し横に広がっており、余計に鼻が大きく見えていました。
このような鼻の場合、鼻にシリコンプロテーゼを入れ、鼻を高くして鼻筋を通せば、鼻を細く見せることができます。
しかし、この患者に関しては、鼻の高さはそこそこあり、患者様も鼻を高くすることは望んでいなかったため、骨切り幅寄せ手術で、鼻の高さは出さず、横に広がっている鼻の骨を細くすることになりました。
また、同時に小鼻縮小(鼻翼縮小)手術を行い、横に広がっている小鼻を細くすることになりました。
手術は局所麻酔下に、クローズ法で行いました。
骨切り幅寄せ手術をは、軟骨間切開から内側骨切りを、鼻孔縁切開から外側骨切りを行い、ギプスで1週間固定しました。
小鼻縮小(鼻翼縮小)手術は、鼻の穴の中から外側の途中にかけて、約5mmの幅で余分な皮膚、組織を切除し、縫合しました。
術後は横に広がっていた鼻が全体的に細くなって、すっきりし、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
鼻骨切り幅寄せ手術と小鼻(鼻翼)縮小手術をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
ギプスを装着しています。
鼻の穴の中に綿球を詰めているのは、出血を止めるために一時的に入れているだけなので、翌日までには取ってしまいます。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
ギプスを外しました。
まずまず骨は固まっていたので、ギプスはなしのままにしました。
場合によってはもう1週間ギプス固定をすることもあります。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
腫れはほぼ完全に引いています。
だいぶすっきりとした鼻になりました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る