鼻翼縮小(小鼻縮小)

気になる鼻の穴を小さく見せて
やさしさあふれる印象に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

小鼻縮小(鼻翼縮小)手術で、正面から見て目立っていた鼻の穴を目立たなくした男性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、横に大きく広がった小鼻を気にされていました。
診察させていただいたところ、確かに小鼻は横に大きく広がっており、それにより、鼻の穴も横に広がって大きく見えて、正面から見たときに鼻の穴が目立っていました。
小鼻縮小(鼻翼縮小)手術で横に広がっている小鼻を小さくすることになりました。
手術は、鼻の穴の中(内側)から小鼻の外側の途中にかけて、余分な皮膚と軟部組織を約6mmの幅で切除し、吸収糸(溶ける糸)で中縫いをし、青色透明の極細ナイロン糸で表面の皮膚を縫合しました。
術後は横に大きく広がっていた小鼻が、小鼻の丸みを残したまま自然に内側に寄り、大きく目立っていた鼻の穴も目立たなくなりました。
また、傷跡もほとんどわからなくなり、患者様には大変満足していただきました。
小鼻縮小の外側の傷跡は、頭側(上の方)まで切ると、目立ちやすい傾向にあります。
この患者様は、外側の途中までの切開であるため、傷跡は目立たず、ほとんどわからなくなりました(この患者様の小鼻の広がり程度なら、外側の頭側まで切る必要はないため、外側の途中までの切開で十分な効果が出ました)。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
小鼻縮小(鼻翼縮小)手術で、鼻の穴の中(内側)から外側の途中にかけて、余分な皮膚、組織を約6mmの幅で切除することになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
傷跡には縫合糸がついています。
麻酔の影響などにより腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る